英国EU離脱で急落した株価も、半値くらいまで戻してきました。 もう、英国関連で株価が下落することはないだろう。 そんなことを言っている人もいます。 たとえそうだとしても、それ以外の要因で株価が下落する可能性は排除できない …

Continue reading 失敗から学んでも、学んだことを使う機会がない

今年末に早期退職への応募することを考えています。 会社での承認プロセス(事務的なことだけなく、心情的なことを含めて)、有給休暇の消化、仕事の引継ぎ等を考えると、もうそろそろ、上司には言っておくべきタイミングだと思っていま …

Continue reading ふたたび人事部長に会いに行く

読んでから時間が経ってしまいましたが、橘玲の『言ってはいけない 残酷すぎる真実』 (新潮新書)をレビューしておきます。 なんと、Kindle番が100円で出ています! 近刊で売れている本がこんなに安値で売られる時代になっ …

Continue reading 『言ってはいけない 残酷すぎる真実』を読んで橘玲はダークな池上彰を志向してるんだろうかと思った

大戸屋ホールディングス(2705)から株主優待が届きました。 10年以上ホールドしており、株価は2倍以上に上がっています。 購入当時は、ピーターリンチの言う「テンバガー(10倍株)」の可能性があると思って買ったので、2倍 …

Continue reading お家騒動をきっかけに大戸屋ホールディングス(2705)への投資を振り返る

印象派美術に興味を持ち始めたころ、最初に好きになったのがルノワールでした。 でも、美術好きの間での会話で「ルノワールが好きです」というと、ちょっとバカにされそうな気がします。 ルノワールの作品の質が低いというわけでは決し …

Continue reading 幸せな気分が味わえた『ルノワール展』@新国立美術館(六本木)

一昨日から何度か書いてきましたが、英国のEU離脱については、色々なメディアで見聞きしています。 でも、株式市場への影響の度合いはどうにも分かりません。 NHKスペシャル「イギリス EU離脱の衝撃」で勉強 やっぱり英国のE …

Continue reading 来週以降の投資戦略~英国EU離脱への対応~

やっと『64(ロクヨン)後編』を観れました。 結局、1月くらい間をおいてしまった。 前篇のレビューは下記です。 『64(ロクヨン)』は良作の予感(1002本目) 登場人物が多く、ストーリーも複数時代が交錯しているので、デ …

Continue reading 日本映画の佳作『64(ロクヨン) 後編』(1009本目)