読書

本ブログのPVが、ここ2か月ほど伸び悩んでいます。 これまで、ほぼ右肩上がりでアクセス数は増えてきたのですが、今年1月をピークに、2,3月は減少に転じています。 投稿回数は多いのですが・・・ 少し、ブログ運営方法を見直し …

Continue reading 『ソーシャルメディアで伝わる文章術』は、ちょっと役立つコツが満載

『ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集』(村上春樹) 仕事を辞めた、この前の年末年始にラオスに行っていました。 と言っても、メインはカンボジアとベトナムですが・・・ だから、というわけではないんですが、遅れ …

Continue reading ユルい旅行記『ラオスにいったい何があるというんですか?』

『一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門』(竹川美奈子) 以前も、同じ著者(竹川美奈子)さんの本を紹介しました。 『年利15%でふやす資産運用術』は確定拠出年金入門の好著 竹川さん …

Continue reading 『一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門』は基本がまとまった良書

奥田英朗は、直木賞を受賞した『空中ブランコ』を読み、シリーズを遡って『インザプール』を読んで・・・みたいなところからはじめて、ポツポツ読んでいました。 特別好きな作家ではないのですが、奥田氏の連絡短編は遠出をするときのお …

Continue reading 気軽に面白く読める、奥田英朗の『東京物語』

前も書きましたが、『知らないと恥をかく世界の大問題』(角川SSC新書)池上彰 のシリーズを読んでいます。 『知らないと恥をかく世界の大問題 』(1,2)で世界情勢を勉強 『知らないと恥をかく世界の大問題 』(5,6)も勉 …

Continue reading 2012年が世界の転換点だと知る ~『知らないと恥をかく世界の大問題』(3,4)~

別に、お金持ちになる必要なんてありません。 やりたいことをお金の精で諦めることなくやれて、収支がプラスで人生を終われれば、十分な「勝ち組」だと思います。 上記を満たせれば、株式投資も資産運用もする必要はない、と思います。 …

Continue reading 『10年後破綻する人、幸福な人』タイトルはヘンだけど勉強になる

もう一冊、沖縄本の紹介です。 『食べる、飲む、聞く 沖縄 美味の島』 (光文社新書) 吉村喜彦 この本も、再読ですが、改めて発見があった、良い本でした。 沖縄料理に興味がある人には、とても面白く読める本だと思います。 逆 …

Continue reading 『食べる、飲む、聞く 沖縄 美味の島』は食の勉強になる本

会社を退職してみて、「沖縄にロングステイしてもいいかなあ」なんて考えていて、昔読んだ沖縄関連本を再読してます。 『沖縄 時間がゆったり流れる島』(光文社新書) 宮里千里 沖縄出身のライターの本。 地元の人ならではの、深い …

Continue reading 再読してみた『沖縄 時間がゆったり流れる島』

「幸せはお金で買えない!」と言います。 でも、会社を辞めてから、「もしかすると、ある程度の幸せはお金で買えるかも」と思うようになりました。 1年くらいたったら、『お金で幸せを買う方法』みたいな本を書けるかなあ・・・なんて …

Continue reading 幸せはお金で買える。ただし…… ~『幸せをお金で買う」5つの授業 ―HAPPY MONEY』を読んで~