読書

救急事態宣言中でステイホーム中心の生活しているので、本を結構読んでいます。 やっと、半沢直樹シリーズの『アルルカンと道化師』(池井戸潤)を読みました。 ドラマが放映している最中だったから、終了直後に発売されていたんですが …

Continue reading やっと読めた『半沢直樹 アルルカンと道化師』

緊急事態宣言も延長になりましたが、沖縄も独自に緊急事態宣言を発出しており、感染が収束しないので、2月末まで延長になりました。 沖縄は東京と比べると、人口密度は全然低いので、必然的に密にならざるを得なくなる状況は少ないので …

Continue reading 沖縄移住を考える人が読んでおくべき本

政府の成長戦略会議にデービッド・アトキンソン氏が起用され、彼の主張に対して、「中所企業を切り捨てるのか?」みたいな批判を浴びています。 政府の成長戦略会議 メンバーにアトキンソン氏らを起用 また日本搾取か。菅総理が心酔す …

Continue reading 菅政権下で日本は復活するか?

『半沢直樹』はとっくの昔に終わっていますが、やっとのことで、ドラマ後半の原作小説『銀翼のイカロス』(池井戸潤)を読みました。 前にも書いた通り、普通は原作を先に読んでから、映画やドラマを観る方が良い(小説を読むときに、映 …

Continue reading 半沢直樹の原作『銀翼のイカロス』を読む

会社を辞めて、自由時間が増えたので、映画やドラマを観る時間が増えたのに加えて、原作小説も読む時間が取れるようになりました。 本当は、原作を先に読んでから、映画やドラマを観る方が良い(小説を読むときに、映像に引っ張られず、 …

Continue reading 『半沢直樹』原作との違いを楽しむ

又吉直樹さん原作で、行定勲監督の映画『劇場』が公開されました。 映画館に行くかどうか迷っていたところ、同日Amazon Primeで配信開始されていたので、こっちの方で観ました。 もともと「映画館で見なくても、DVDが出 …

Continue reading 劇場公開初日に『劇場』をAmazon Primeで視聴

東京の新規感染者も2日連続で100人を超え、全国でも昨日(7/3)は250人を超えました。 再び自粛生活をしたほうが良いんだろうなあ・・・と思うのと同時に、こういう時期だからこそ、改めて感染症について学ぶのも良いと思いま …

Continue reading 自粛の週末にオススメの『復活の日』

安倍総理が「ルイ14世」を揶揄されたことに対して、 「ルイ16世と同じとまで言われると、多くの方々はそれは違うのではないかと思うのではないか」 と間違って返答しました。 「ルイ14世」のフランス絶対王政の絶頂期を築いた国 …

Continue reading みんな中学生レベルから学び直しては?