読書

一見、多様な生き方が認められる時代になっているように見えますが、結婚して子供を作って・・・という「普通の生き方」に対する社会的な圧力はまだまだ強いものがあります。 僕自身、40代半ばを過ぎて、結婚歴はなく、子供もいません …

Continue reading 「就職して、結婚して、子供を作るのが当たり前」という圧力~『コンビニ人間』を読んで考えた~

寝たい時に寝て、起きたい時に起きる生活が最高 会社に時間を拘束され続ける人生なんて終わってる 通勤電車なんて苦痛でしかない 上司や会社のルールに従うなんてバカげている 独立してフリーで活躍してる人や、アーリーリタイアした …

Continue reading 型にはまることで人はマトモに生きることができる ~『コンビニ人間』を読んで考えた~

お盆シーズンですが、僕は帰省もしない(親と絶縁状態なので、帰る家がない)し、旅行も行きません(混雑期に旅行に行く必要性がない)。 沖縄で十分楽しいですからね。 そんな中ですが、『成功者K』(羽田圭介)を読みました。 羽田 …

Continue reading 成功者の人生って? 『成功者K』を読んで考えた

「紀州のドンファン」の話題も、すっかり沈静化した感があります。 結局、死因が究明できていないので、追加で報道するネタもなくなったってことでしょうね。 死因はさておき、遺言状が「故郷である田辺市に全額寄付」ということが判明 …

Continue reading 2周遅れながら『紀州のドンファン』ネタ

1週遅れの感はありますが、やっとのことで、 『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』 (NewsPicks Book) | 佐藤 航陽 を読みました。 僕の本の読み方として、話題になっている時には読まず、一拍おいて、沈 …

Continue reading これからお金はどうなるのか? ~『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』を読んで~

遅ればせながら、『生涯投資家』(村上世彰)を読みました。 村上世彰、村上ファンドと言えば、2000年代に株式投資をやっていた日本人なら知らない人はいないと言ってよいでしょう。 それくらい、世の中を騒がせた投資家です。 敵 …

Continue reading 『生涯投資家』(村上世彰)は投資家が読むべき本

僕の中では、平昌五輪も盛り上がってないし、株式相場も乱高下していてパッとしないし、イマイチな日々です。 ただ、少しずつ次の人生に向けた準備をしています。 うまく行くかどうかは分かりませんけど、ノーリスクでできることなので …

Continue reading 調停に備えて、『臆病者のための裁判入門』(橘玲)を読む