読書

追悼・・・というわけではないのですが、少し前にお亡くなりになった、瀧本哲史さんの『僕は君たちに武器を配りたい』を読みました。 前のブログにも書いたんですが、瀧本氏は僕と同世代の超エリートの方なんですが、残念ながら早世され …

Continue reading 資本主義社会の生き延び方~『僕は君たちに武器を配りたい』~

もうすぐ平成が終わりますねえ… 考えてみると、平成って大したことが起こらなかった時代です。 大きな震災がいくつもあったし、オウム真理教事件みたいな凶悪犯罪もあったし、バブルの絶頂から崩壊もありました。 最近では、リーマン …

Continue reading 平成はツマラナイ時代だったし、令和も同じだと思うが…

会社を辞めて時間には余裕があるはずなのに、なぜか年末に大掃除をする時間がなく、1月の3連休にずれ込んでしまいました。 掃除に限らず、会社を辞める前は「英語をしっかり勉強してネイティブ級になるぞ!」、「古今東西の名著を読破 …

Continue reading 片づけでときめかない日々

年末年始にチェンマイに行ったことをきっかけに、海外リタイアの本を読んでいます。 役には立つのですが、大半は10年以上前に出たもので、最新の情報がアップデートされてないんですよね・・・ 最近出ている本は、海外で不動産投資を …

Continue reading 海外リタイアは残念ながらオワコン化した

遅ればせながら、『お金は寝かせて増やしなさい』(水瀬ケンイチ)を読みました。 インデックス投資の人気ブログ、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)で知られる、水瀬ケンイチさんの最新著書(と言っても1 …

Continue reading 久々のブックレビュー『お金は寝かせて増やしなさい』(水瀬ケンイチ)

『専業主婦は2億円損をする』(橘玲)を読みました。 橘玲氏の著作には珍しい、女性向けの本です。 ただ、内容は前著『幸福の「資本」論』を踏襲していて、内容はこちらの書籍の応用編と言っても良いでしょうね。 『幸福の「資本」論 …

Continue reading 『専業主婦は2億円損をする』(橘玲)は男が読んでも参考になる

一見、多様な生き方が認められる時代になっているように見えますが、結婚して子供を作って・・・という「普通の生き方」に対する社会的な圧力はまだまだ強いものがあります。 僕自身、40代半ばを過ぎて、結婚歴はなく、子供もいません …

Continue reading 「就職して、結婚して、子供を作るのが当たり前」という圧力~『コンビニ人間』を読んで考えた~

寝たい時に寝て、起きたい時に起きる生活が最高 会社に時間を拘束され続ける人生なんて終わってる 通勤電車なんて苦痛でしかない 上司や会社のルールに従うなんてバカげている 独立してフリーで活躍してる人や、アーリーリタイアした …

Continue reading 型にはまることで人はマトモに生きることができる ~『コンビニ人間』を読んで考えた~