舞台(演劇・コンサート等)

新国立劇場で「魔笛」を観てきました。 荒唐無稽なおとぎ話が、モーツァルトの手にかかると、途端に高貴な芸術に変わってしまうのはまるで魔法です。 出演者全員が日本人なのに、全部ドイツ語だったのが、違和感が拭えなかったのですが …

Continue reading 新国立劇場で「魔笛」を観る

「完全リタイアには10億円が必要」説に思わず反応してしまいました。 「完全リタイアには10億円が必要」との意見にびっくりぽん! 国立劇場の「小春穏沖津白浪-小狐礼三-」のレビューは昨日書いた通りです。 国立劇場と歌舞伎座 …

Continue reading 歌舞伎座で「壽初春大歌舞伎」を観る

気温は相変わらず低いですが、天気は回復しましたね。 僕の方は、一日中劇場に籠って歌舞伎三昧でした。 昼からは、国立劇場で、初春歌舞伎公演「通し狂言 小春穏沖津白浪―小狐礼三―(こはるなぎおきつしらなみ こぎつねれいざ)」 …

Continue reading 国立劇場と歌舞伎座をハシゴ~小春穏沖津白浪 小狐礼三~

新春浅草歌舞伎に行ってきました。 この新春浅草歌舞伎、若手役者の登竜門とも呼ばれています。 会場の浅草公会堂は歌舞伎座と比べて豪華絢爛さはないですが、お値段もリーズナブルで気軽に行けます。 2階ロビーから浅草寺が見えて、 …

Continue reading 新春浅草歌舞伎で、日本人のココロを実感

国立劇場で「東海道四谷怪談」を見てきました。 本作はおととし歌舞伎座で初めて見ましたが、衝撃を受けましたね。 歌舞伎は「面白い」と言っても、昔の芸能なので、知識や経験なしには、必ずしも面白いとは言えません。 でも、「東海 …

Continue reading 超オモシロコワい「東海道四谷怪談」

先週、新国立劇場に『桜の園』を観に行ったことを書きました。 『桜の園』を見て、社会について考える 上演に合わせて、マンスリー・プロジェクト11月演劇講座「チェーホフの魅力」という講演会が開催されたので、行ってきました。 …

Continue reading 人生がうまくいかない人の哀しみ~チェーホフに関する講演~

新国立劇場に『桜の園』を見に行ってきました。 言わずと知れた、チェーホフの名作戯曲です。 ただ、チェーホフの戯曲は結構難しいです。 作品自体は難解ではないのですが、登場人物の言動に表裏があって、裏にある心理を読み解かない …

Continue reading 『桜の園』を見て、社会について考える

本日は東京マラソンでしたが、横目で眺めながら素通りして、下北沢に行ってきました。 ちょうど下北沢演劇祭が開催中です。 といっても、街頭で何かパフォーマンスがあるわけではないですが・・・ ネット、動画コンテンツの時代に中小 …

Continue reading 下北沢で『ゴドーを待ちながら』を観て、人生について考えた

歌舞伎座に行ってきました。 「歌舞伎ってチケット高いんでしょ?」と思う人も多いようでね。。 たしかに、1等席は18,000円、桟敷席は20,000円もします。 お客さんも、高齢の裕福そうな人が多いし、高級そうな着物を着た …

Continue reading 実はおトクな歌舞伎座での歌舞伎鑑賞