美術展・美術館・博物館

今回の上京の目的は、観劇と仕事でしたが、せっかくなんで美術館にも行ってみよう! ということで、行ってきたのは、ブリューゲル『バベルの塔展』。 これは絶対に行っておきたい!! という展覧会はなかったんですが、いくつかの候補 …

Continue reading ブリューゲル『バベルの塔展』@東京都美術館 企画展のお手本的な素晴らしさ

『大エルミタージュ美術館展 | オールドマスター西洋絵画の巨匠たち』@森アーツセンターギャラリー 東京離れるのが残念なのは、美術館や博物館になかなか行けなくなることです。 もちろん、地方にもあります。 那覇にもあります。 …

Continue reading 西洋絵画の復習になる『大エルミタージュ美術館展 | オールドマスター西洋絵画の巨匠たち』@森アーツセンターギャラリー

『オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき』@三菱一号館美術館 三菱一号館美術館に行くのは2回目です。 東京丸の内エリアという都心にあって、コンドル設計の洋風建築と中庭形式のスペースが美しく、都会のオアシ …

Continue reading 地味な名企画展『オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき』

『ミュシャ展』@国立新美術館 2週間前に行っていたのに、ついレビューするのが遅れました。 美術展のレビューは、僕としては書きたいんですけど、アクセスが少ないので、つい後回しになってしまうんですよね。 ミュシャは結構好きで …

Continue reading 国立新美術館『ミュシャ展』のスラブ叙事詩は凄かった

東京ステーションギャラリーの「パロディ、二重の声-日本の一九七〇年代前後左右-」展に入った話は、先日書きました。 そう来たか!「パロディ、二重の声-日本の一九七〇年代前後左右-」展@東京ステーションギャラリー 展覧会に付 …

Continue reading 「パロディ展のてんまつ」は展覧会の舞台裏が覗けて勉強になった

江戸東京博物館の江戸と北京-18世紀の都市と暮らし あまり話題になっていない、地味な展覧会です。 北京の「首都博物館」と、江戸東京博物館のコレクションを展示しています。 首都博物館の展示だけだと成り立たないのか、博物館の …

Continue reading 凄い作品はないけど勉強になった『江戸と北京-18世紀の都市と暮らし』@江戸東京博物館

東京ステーションギャラリーで開催中の、「パロディ、二重の声-日本の一九七〇年代前後左右-」 展 。 さほど話題にもなっていないようだし、実際、お客さんもさほど多くはない(少なくもない)展覧会でした。 東京駅という権威ある …

Continue reading そう来たか!「パロディ、二重の声-日本の一九七〇年代前後左右-」展@東京ステーションギャラリー

「草間彌生展 わが永遠の魂」(国立新美術館) 六本木に行く用事があったので、ついでに行ってきました。 こう書くと、いかにも優先順位は高くないように思われるかもしれませんが、実際にそうでした。 草間彌生って、「あの水玉模様 …

Continue reading 「草間彌生展 わが永遠の魂」(国立新美術館)で芸術家の魂を感じる

池袋に用事があったので、ついでに古代オリエント博物館に行ってきました。 古代オリエント博物館 セゾン美術館が無くなってから、池袋は新宿と同じくらい、「美術館・博物館過疎地」と化しています。 その中で、サンシャインシティの …

Continue reading 池袋で古代文明が学べる!「古代オリエント美術館」

新橋に行く用事があったので、下記の展覧会に寄ってきました。 招待券が安く手に入ったこともありますしね。 「マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密―」@パナソニック汐留ミュージアム ちょっと消極的な書き出しですけど、 …

Continue reading 「マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密―」主旨は良いが、中身はちょっと残念