10旅(47都道府県制覇)

いつまで東京にいるかわからないので、いまのうちに東京近郊で行けるところは行っておこうと考えています。 ということで(?)、土曜日に秩父に行ってきました。 埼玉県って、関東の人からはバカにされがちです。 たしかに、埼玉県に …

Continue reading 翔んで 秩父の氷柱(つらら)

労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です 先ほど書いた通り、有給休暇中です。 平日に遊んでいる人は世の中にはたくさんいる ただ、仕事の電話がかかって来たり、スマホにメールがバンバン転送されて来たりして、落ち着きません。 こ …

Continue reading 会社から解放されても、仕事から解放されない会社員

有給休暇を取得して、温泉に来ています。 別に会社を辞めてからじっくりくれば良いんですが、有給消化はしないと損だし、会社の福利厚生は今のうちに使っておきたいですからね。 贅沢するなら、今のうちに福利厚生を使って安く贅沢して …

Continue reading 平日に遊んでいる人は世の中にはたくさんいる

一週間経ってしまいましたが、阿波あわおどりについて少し書いておきたいことがあるので、再び。 徳島に限らず、阿波おどりはだいぶ活性化している感じがあります。 積極的にPRしている情報発信の力もありますが、誰でも参加できるオ …

Continue reading 阿波おどりに見る、お祭り活性化の秘訣

元インデックス投資王子で、その後ワインファンドを推奨してヤラかしてしまい、現在は国内外の不動産投資推奨に軸足を移されている、内藤忍先生が、ちょうど僕と同じタイミングで、徳島を訪問されていたようです。 阿波踊りは「踊る阿呆 …

Continue reading リタイアしたら徳島市に住むのはあり?

鳴門の渦潮観光について2回書いてきました。 トリップアドバイザーでの鳴門の観光地ランキング1位は、じつは渦潮関連ではありません。 鳴門市の人気観光スポット ランキング トップは、「大塚国際美術館」なのです。 大塚国際美術 …

Continue reading 日本一入場料の高い大塚国際美術館はクオリティも最高だった

よく「旅に持っていく本」というネタがありますね。 僕の場合、国内旅行では『街道をゆく』(司馬遼太郎)の訪問地バージョンを持参するのが一般的です。 今回は、『街道をゆく〈32〉阿波紀行・紀ノ川流域』 (朝日文芸文庫)が該当 …

Continue reading 国内旅行のお供は『街道をゆく』(司馬遼太郎)

前の投稿で、鳴門の渦潮を見る時期について書きました。 鳴門の渦潮はいつでも見れるとは限らないので、事前に調べよう!! いつ見るか? いまでしょ!!(古い!) というわけには行かないことは、お分かりいただけたかと思います。 …

Continue reading 鳴門の渦潮、下から見るか上から見るか

徳島市の阿波おどりから、足を伸ばして、鳴門観光しています。 鳴門の渦潮は「世界三大潮流」なんて呼ばれてますね。 ちなみに、三大は下記の通り。 メッシーナ海峡」(イタリア シチリア島) セイモア海峡(アメリカ ロサンゼルス …

Continue reading 鳴門の渦潮はいつでも見れるとは限らないので、事前に調べよう!!