01映画1000本(160425達成)

だいぶ時間が経ってしまいましたが、BSプレミアムでやっていたのを録画していた『最高の人生の見つけ方』を観ました。 僕が観た映画の中では最高傑作!というものではないですけど、僕が会社を辞めるきっかけになった映画ですし、ブロ …

Continue reading 『最高の人生の見つけた』は現代版『青い鳥』だった

最近も映画結構観てますけど、ついレビューが後回しになってしまいます。 先週は『ダンケルク』観ました。 現役の映画監督では僕の中ではクリストファー・ノーランは最高位に位置します。 エンタ-テイメント性も担保しつつ、商業的に …

Continue reading 良作だけど、ノーランでなくても・・・『ダンケルク』(1153本目)

「子供が生まれました」とか言って、夫婦で仲良さそうに子供を抱っこしている写真がSNSにアップされているかと思えば、実は旦那が妻の妊娠中に浮気して家庭が崩壊状態だったとか、会社を辞めて独立して、世界を飛び回ってビジネスして …

Continue reading 究極のリア充人生『パターソン』(1152本目)

映画レビューです。 『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』 特にネコが好きなわけではないけど、口コミ評価がかなり高かったので、観に行ってみました。 たしかに、良い映画でした。 ホームレス同然のヤク中のストリートミュージシ …

Continue reading ちょっとしたきっかけで人生を取り戻せる『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(1151本目)

BSプレミアムで『日本一のホラ吹き男』をやっていました。 植木等の映画3本目ですね。 出世は運か?努力か?要領か?才能か? ~『ニッポン無責任時代』を観て~(1153本目) 出世競争と派閥争いの中でスイスイと~『ニッポン …

Continue reading 出世の秘訣が分かる?『日本一のホラ吹き男』(1155本目)

『ニッポン無責任時代』に続いて、BSプレミアムで『ニッポン無責任野郎』やってました。 『ニッポン無責任時代』のレビューはこちら。 出世は運か?努力か?要領か?才能か? ~『ニッポン無責任時代』を観て~(1153本目) 前 …

Continue reading 出世競争と派閥争いの中でスイスイと~『ニッポン無責任野郎』~(1154本目)

BSプレミアムで『ニッポン無責任時代』をやっていました。 いま観ても十分面白い! というのは事実ですが、黒澤や小津の作品のように、普遍的な価値を持つ名作とはちょっと毛色が違います。 古臭いところは多々あるけど、時代性が伺 …

Continue reading 出世は運か?努力か?要領か?才能か? ~『ニッポン無責任時代』を観て~(1153本目)

この絶妙なタイミングで、BSプレミアムで『博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』を放映していました。 冷戦時代の核戦争の脅威を、皮肉たっぷりに描いた、巨匠スタンリーキューブリ …

Continue reading 偶然だけど、このタイミングで『博士の異常な愛情』がテレビ放映されるのは秀逸

BSプレミアムで最近やっていた『誘う女』を録画してたんですが、やっと観れました。 うーん。 良い映画だったなあ・・・ ジャンルで言うとサスペンス映画ってことになるんでしょうね。 1995年の作品なんですが、20年後の現在 …

Continue reading ニコールキッドマンのエロい魅力が炸裂する『誘う女』(1152本目)

映画レビューです。 『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』 現代の若き天才バレエダンサーのドキュメンタリー映画。 史上最年少で英国ロイヤルバレエ団のプリンシプルに昇進しながら、脱退。 体に入れ墨を入れたり、 …

Continue reading 『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』(1150本目)