01映画1000本(160425達成)

スペインは映画大国とは言えないかもしれませんが、たまに独創的なスゴい映画を作ってきます。 例えば、『ミツバチのささやき』『オープンユアアイズ』なんかがそうです。 昨日(水曜日)は映画ファン感謝デーだったので、『マジカルガ …

Continue reading 「マジカルガール」は新境地を開いた名作映画

戦時中の日本軍で「風と共に去りぬ」の極秘上映会が行われた。 上映終了後に「こんな映画を作っている国と戦争しちゃマズい」とのささやきが漏れた。 というエピソードは有名です。 今週から上映される『レヴェナント:蘇えりし者』を …

Continue reading 『レヴェナント:蘇えりし者』を観て、改めてアメリカと戦争したのは間違いだったと思った

労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です 角が立つので表立って言えませんが、結婚式に行くのが嫌いです。 ご祝儀で大金が吹っ飛ぶ、休日なのに正装で窮屈・・・というのもありますが、表だけ取り繕った感がどうにも居心地が悪いんです …

Continue reading 「リップヴァンウィンクルの花嫁」のここがスゴい

最近の日本映画はつまらんなあ・・・と思います。 別に日本映画を嫌ってるわけではなく、2013年くらいまでは素晴らしい作品がたくさんあった気がします。 『そして父になる』『永遠の0』以後がなかなか続いてない感じ。 『海街d …

Continue reading 「リップヴァンウィンクルの花嫁」は久々の邦画の名作

アメリカという国は、日本と関係が深く、大きな影響を受けているだけに、かの国のことを良く知っているような気になるのですが、実は日本とは根本的に異なった国だと思います。 NYに赴任していた先輩が、「アメリカと日本の一番の違い …

Continue reading 『シッコ』を観て、アメリカはいろんな意味ですごい国だと思った

この映画、当初から「難しい!」と評判だったんですが、やっぱり難しかった・・・ 株式投資はもちろん、空売りに関してもある程度は理解できているつもりだったんですが・・・ やっぱり英語&字幕で、金融の専門用語を理解するのは大変 …

Continue reading 『マネーショート~華麗なる大逆転~』はやはり難しかったぞ

世界的にLGBTに対する人権意識が高まっています。 ちょうどそんなタイミングに『リリーのすべて』が上映されました。 週末に見てきましたが、良い映画でしたよ。 実話をもとにした映画ですが、世界で初めて性転換手術を受けた男( …

Continue reading 『リリーのすべて』は丁寧に作られた良作

*一回間違って、下書き段階のものを公開してしまっていましたが、再度完成版を投稿します* 働く人がみな平等に報われる社会を実現させよう! そんな壮大な試みをしたのが社会主義革命なのですが、その試みは結局は大きな失敗に終わり …

Continue reading 僕たちはみな「大理石の男」

労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です リタイア後の究極の目標として、エベレスト登頂があります。 そんなわけで、『エヴェレスト~神々の山嶺~』を観てきました。 実際のところ、前売り券が安く入手できたというのもありますが・ …

Continue reading 『エヴェレスト~神々の山嶺~』はちょっと残念だった

カンヌ映画祭グランプリ、アカデミー外国語映画賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞を総なめにした、すごい作品があります。 僕の友達の映画ファンもこぞって絶賛していて、「まだ3月だけど、今年観た中で最高の映画になることは間違 …

Continue reading 『サウルの息子』の凄さが分からなかった僕がバカです