01映画1000本(160425達成)

那覇に来て、はじめて劇場での映画鑑賞。 作品は、カンヌ映画祭のパルムドール(最高賞)を受賞した『わたしは、ダニエル・ブレイク』。 那覇市に映画館は3つ(たぶん)ありますが、いちばんトガっているのが、本作を上映していた桜坂 …

Continue reading 貧困問題について考えされられる『わたしは、ダニエル・ブレイク』(1123本目)

映画(旧作)レビューです。 『天守物語』 坂東玉三郎 (出演, 監督)の映画。 歌舞伎座で数年前に歌舞伎の方は観てました。 玉三郎と海老蔵の共演という、豪華な顔ぶれ。 日本の美と、独自の幻想的な世界観が素晴らしかったです …

Continue reading 日本の美意識を見た『天守物語』(1122本目)

東宝(9602)の株主優待は5月末が期限です。 しかも、沖縄にはTOHOシネマズはありません。 「いまのうちに使ってしまわねば!」と思って、『ゴースト・イン・ザ・シェル』を観に行こうとしてたんですが、自宅近くの映画館は日 …

Continue reading 意外な拾いものだった『パッセンジャー』(1121本目)

『美女と野獣』を観てきました。 当初は観る予定がなかったんですが、僕が通っている映画館のポイントが貯まって、一回分が無料になったんですよね。 那覇に行ってしまうと、観れなくなります。 上映中の作品の中では、『美女と野獣』 …

Continue reading 『美女と野獣』はオーソドックに作り込んだ作品だが・・・(1120本目)

アカデミー作品賞の最有力候補という下馬評だった、『ラ・ラ・ランド』ですが、発表会でハプニングを経て、作品賞は『ムーンライト』に。 僕自身は、『ラ・ラ・ランド』は世間一般の評価ほどには、評価してません。 技巧に走り過ぎた感 …

Continue reading 『ムーンライト』はアカデミー作品賞に値するか?(1120本目)

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 昨日観てきたのですが、雨が降っていたせいか、席は3割も埋まってなかったです…… でも、前評判通りの良作でしたね~ アカデミー賞6部門ノミネートされていたにもかかわらず、受賞 …

Continue reading 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』良く出来た実話ベースの映画(1119本目)

沖縄に行く前に、沖縄を舞台にした映画でも観たいなぁ・・・ そんなことを思いつつ、「この前みた『彼らが本気で編むときは』がなかなか良かったなあ・・・」 じわっと来る『彼らが本気で編むときは』(1105本目) そういえば、荻 …

Continue reading まったり感を堪能できる『めがね』(1118本目)

映画レビューです。 『キングコング 髑髏島の巨神』 予告編を見ていると「スゲー面白そう!」と思う反面、「いかにもハリウッドのスペクタクル映画って感じだな」とも思いました。 こういう映画は、あまり見ないんですよね。 「ああ …

Continue reading 『キングコング 髑髏島の巨神』は奥の深いエンタメ大作だった!(1117本目)

4月1日はファーストデーで映画が安い!(大人1100円で観られる) ってことで、『モアナと伝説の海』を観てきました。 報告が遅くなったのは、僕がエイプリルフールにウソと見せかけた本当のことを書いて物議を醸してしまったせい …

Continue reading 『モアナと伝説の海』をあえて批判的に論評してみる(1116本目)

BSプレミアムで、黒澤明と山田洋次の作品が並行して放映されていました。 すでに見た作品は観てないのですが、改めて思ったのは、最近の山田洋次は黒澤明を意識してるのかな・・・と思いました。 『男はつらいよ』の時代は、黒澤より …

Continue reading 山田洋次は黒澤明にはなれないと思った『武士の一分』(1115本目)