棺桶リスト

桜坂劇場で『婚約者の友人』を観てきました。 評判にたがわず、とても良い作品でしたよ。 フランソワ・オゾンというフランス人の監督の作品。 世界的に見ると、いまはアメリカ映画が世界を席巻していて、ヨーロッパ映画は以前の栄華は …

Continue reading 『婚約者の友人』古典的ヨーロッパ映画を思わせる良作(1157本目)

『ブレードランナー2049』のレビューの続きです。 『ブレードランナー2049』は満を持して作られた素晴らしき続編 その1(1156本目) 本作、予告編を見ると、ハリソンフォード演じるデッカード(前作の主人公)が出てきま …

Continue reading 『ブレードランナー2049』は満を持して作られた素晴らしき続編 その2(1156本目)

遅くなりましたが、映画レビューです。 『ブレードランナー2049』 前作の『ブレードランナー』は興行的には失敗と言ってよいSF映画ですが、カルト的な人気を集めた、ファンも多い作品です。 特に、そこで描かれた未来像が素晴ら …

Continue reading 『ブレードランナー2049』は満を持して作られた素晴らしき続編 その1(1156本目)

映画はたくさん観てますけど、レビューはさぼってきました。 どうしても、PVが少ないので、後回しになってしまいます・・・ さて、桜坂劇場で観た『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』のレビューです。 単館系で、あまりメ …

Continue reading 『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』は現代史の勉強になる良作(1155本目)

BSプレミアムで『ブラッドダイヤモンド』をやっていたので、観ました。 感動した映画でも2度観ることはあまりないのですが、本作にはかなり感動した記憶があって、もう一度観たかったんですよね。 映画館で観て以来だから、10年以 …

Continue reading 欲望は人間を狂わせる~『ブラッドダイヤモンド』再見~

『ハイジ アルプスの物語』を観ました。 『アルプスの少女ハイジ』の実写版なんですが、最初はあまり観る気がしなかったんですよね。 でも、評判が良かったんで観てみました。 ヨーロッパ映画だけに、「子供向け」バリバリではなく、 …

Continue reading 「地方v.s.都会」の議論は昔からあった~『ハイジ アルプスの物語』~(1154本目)

だいぶ時間が経ってしまいましたが、BSプレミアムでやっていたのを録画していた『最高の人生の見つけ方』を観ました。 僕が観た映画の中では最高傑作!というものではないですけど、僕が会社を辞めるきっかけになった映画ですし、ブロ …

Continue reading 『最高の人生の見つけた』は現代版『青い鳥』だった

最近も映画結構観てますけど、ついレビューが後回しになってしまいます。 先週は『ダンケルク』観ました。 現役の映画監督では僕の中ではクリストファー・ノーランは最高位に位置します。 エンタ-テイメント性も担保しつつ、商業的に …

Continue reading 良作だけど、ノーランでなくても・・・『ダンケルク』(1153本目)

「子供が生まれました」とか言って、夫婦で仲良さそうに子供を抱っこしている写真がSNSにアップされているかと思えば、実は旦那が妻の妊娠中に浮気して家庭が崩壊状態だったとか、会社を辞めて独立して、世界を飛び回ってビジネスして …

Continue reading 究極のリア充人生『パターソン』(1152本目)

映画レビューです。 『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』 特にネコが好きなわけではないけど、口コミ評価がかなり高かったので、観に行ってみました。 たしかに、良い映画でした。 ホームレス同然のヤク中のストリートミュージシ …

Continue reading ちょっとしたきっかけで人生を取り戻せる『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(1151本目)