株価チャート

株価が下がりましたねぇ。

世界同時株安、見えぬ中国恒大処理 リスク連鎖に警戒

不動産大手、中国恒大集団を起点とした株安は、リーマンショックを想起させます。

NYは反発して、影響は限定的なようにも見えます。

ただ、リーマンショックの時も、株価は反発することはありながらも、ずるずる下げていったので、予断は許しません。

それでも、僕としては、影響は限定的だと思っています。

中国も日本も、株価水準はバブルとは言えないと思いますし、これが引き金になって世界恐慌に陥るなんてことはちょっと考えにくいんじゃないかと思いますよ。

むしろ、アメリカの景気減速の方が気になっています。

アメリカ株は、短期的な調整はありつつ、ほぼ一本調子で上がってきました。

下げるときは、結構大きく下げるんじゃないかなぁ・・・と気にはなっています。

最近、先進国株ファンドは購入していないので、下がったら買っていきたいとは思ってますが。

相場の方向性はいつも見えないのですが、これからは特に先が見えない状況になりそうな気配です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください