資産運用のことを書け! という声がどこからともなく聞こえてきそうな気がするので、資産運用ネタ。
ソフトバンク株式会社 第2回無担保社債(劣後特約付)を買いました。
第1回はSBI証券で即日完売と聞いていたので、発売開始の12時めがけ、昼休みに入った瞬間に注文出しました。
結局、夕方くらいまでは残っていたようですが、今回も即日完売。
劣後債なのが気になりましたが、年率(税引き前)2.5%というのは魅力的です。
リスクを鑑みて、購入額は200万円に留めましたが。
2年後(リタイア後)のことを考えて、リスクが低めで利回りがそこそこ(2~5%くらい)の投資先を探していたのですが、意外に見つかりません。
外貨や外債は、円安の現在はあまり投資したくない。
不動産は単価が高いし流動性に欠けるし、何よりも知識不足なので投資先として不安。
REITは単価は低くて流動性も高いけど、やはり理解不足だし、価格変動も結構大きいし、すでに値が上がってしまっている。
金は、値動きが良く分からないし、分配金のようなインカムゲインがない。
そんなときに、この社債が売り出されていたので飛びついた次第。
しかし、いまはローリスクローリターンというよりは、ローリスクノーリターンの金融商品しかないですね・・・
何より、金利が低すぎるのが問題です。
金融資産保有額の中央値は、単身世帯で75万円2人以上世帯で400 万円だそうです。
http://www.shiruporuto.jp/finance/chosa/
これを見ると、世の中の半分(あるいはそれ以上)の世帯は、株式投資やFXに手を出すほどリスクを取れる状況にはないことがわかります。
リスクを取らずに、それなりの利回りを得られる社会でないと、未来のために資産を蓄積することのメリットが得られないと思います。
特に、物価上昇を目指している、いまの日本社会ではなおさらではないでしょうか?
まあ、個人投資家としては社会に不満を言い立てるだけではダメで、置かれた現状の中で最適の判断をすることが求められるわけですが・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください