労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

東芝 (6502)を1000株打診買いしました。

今回の不正会計で下がっていますが、激安と言える水準まで下がったとは思いません。

それでも、事業に対する影響、すなわち業績に対する影響は限定的だと思うし、現在の財務も業績も悪くはないんですよね・・・
そんなわけで、買ってみた次第です。
買い増すか否かは、しばらく様子を見つつ検討したいと思います。

東芝株については、山崎元さんの下記の記事が参考になります。

不適切会計に揺れる東芝の株は“買い”か?

深い分析がされているわけではないすが、要点が簡潔にまとまっています。

さて、今回の件については、300ページに渡る第三者委員会の報告書が出ましたね。

第三者委員会の調査報告に関する当社の対応について

それに対して、こんな意見も出ていました。

東芝の第三者委報告書は「落第点」 久保利英明弁護士が納得できない「4つの問題」

さすがに、プロの意見は参考になりますね。

にしても、久保利弁護士のビジュアルは強烈ですね。
カラーコーディネートのセンスも凄いです
久保田利伸と徳永英明を足して2で割ったみたいなミュージシャンっぽい名前なのに、外見はインド人の詐欺師みたいです・・・
でも、開成高校→東大法学部の敏腕弁護士なんですね。
さすがですねー
人は見かけによりませんね~。

アレ? 何の話だっけ。
そうそう。
東芝の問題は、メディアも牽制しているのか、報道を自粛しているように見えます。
金融機関に勤務する友人に言わせると、今回の東芝の一件は、上場廃止になり、経営陣は逮捕されるレベルの不祥事だとのこと。

それを考えると、日本の企業社会、株式市場はかなり歪んでるんでしょうね。
半月前には中国の株式市場の不健全性について書いたりしてましたが、日本もやり口が違うだけで、実態はたいして変わらないのかもしれません。

いずれにしても、東芝の株価上昇をお祈り申し上げております。
合掌。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください