まだ株式市場は開いていますが、今年はもう売買しない予定なので、今月(12月)の売買報告をしておきます。

<購入したファンド>

  • ニッセイ・インデックスバランスF 4資産均等型
  • ニッセイ国内債券インデックスファンド
  • ニッセイ外国債券インデックスファンド
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • SBI-EXE-i新興国株式ファンド
  • MAXIS トピックス上場投信(1348)
  • iシェアーズ エマージング株ETF(MSCIエマージングIMI)(1582)
  • NEXT FUNDS NOMURA原油インデックス連動型上場投信(1699)

相場全体が下落していたので、普段より多めに、広く薄く買い付けてみました。
ちょっと広げ過ぎですよね・・・

<購入した個別株>

  • なし

<売却した個別株>

  • 東芝(6502)
  • アジア開発キャピタル(株)(9318)

いずれもロスカット(損切り)です。
今年は売却益を数百万円出しているので、節税もかねて売りました。

東芝は、粉飾決算の情報が出てきて下がっている時に買いましたが、その後、悪材料が出てきてさらに下落。
判断が甘かったと反省しています。
それにしても、東芝は酷いですね。
ライブドアが上場廃止になり、ホリエモンが逮捕されたことと比べると、東芝に対する処分の甘さは否めませんね。

あと、アジア開発キャピタル(株)は、かなり昔にSNSの投資コミュで凄腕の投資家が薦めていたので、便乗して買ったものです。
結果、大きな含み損を抱えるにいたりました。
さっさと売却してしまえばよかったのですが、いつか反転するかも・・・と延々と持ち続けてしまいました。
・優秀な投資家だからと言って、鵜呑みにしない
・自分でちゃんと調べて納得して買う
・判断が間違っていたら、すぐに売却する
といった基本ルールを守らなくて失敗した好事例です。

もう、こういう失敗は避けたいと思います。

ちなみに、ブロガーの方は他の投資家を参考にしている方が多いと思いますが、これは要注意です。

相場の流れが変わると「平均値への回帰」が起きて、いま儲けている投資家の持ち株が大幅に下落する可能性が高くなります。
下手に便乗すると痛い目に合う。
というのが僕の経験則です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください