株価ボード

相変わらず、更新が滞ってしまっております。

大納会はパッとしませんでしたが、ふたを開けてみると、日経平均は32年ぶりの高値で引けたようですね。

東証大納会 株価は32年ぶりの高値、2万8791円

そんなわけで、今年最後、2021年12月の売買報告となります。

<購入したファンド・ETF>

  • ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • 三菱UFJ国際-eMAXIA Slim先進国株式インデックス

<売却したファンド・ETF>

  • SBI-EXE-i先進国株式ファンドインデックスファンドTSP
  • 日興-インデックスファンドTSP

手数料の安いファンドに乗り換えるための売買という感じで、実質的には多少買い越した程度という感じです。

<購入した個別株>

  • なし

<売却した個別株>

  • なし

先月も述べましたが、欧米株に比べて、日本株は、コロナの感染拡大が抑えられているにもかかわらず、低迷していると言えます。

出遅れ感のある銘柄もありますので、様子を見つつ、コツコツと買っていく可能性も考えたいと思います。

なお、暗号資産、FXへの投資、信用取引はやらない方針です。

2021年11月の売買報告は下記を参照ください。

2021年11月の売買報告と投資方針

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください