読書2

感染が収束しない中の東京都知事選挙ですねえ。

投票で感染が拡大するとは思わないのですが、根本的な対策を取らないままズルズル現状維持をしていても、一向に感染は収束しないと思います。

アメリカは独立記念日でイベントが行われているし、EUは今月から移動制限を大幅緩和しているし・・・で、先進国を見る限り、感染を抑え込むことよりも、経済活動を重視しているように見えます。

第2波が来るのはしょうがないのかなあ・・・と思います。

4月からの自粛期間、感染症とかウイルスに関する本をたくさん読みました。

課題図書はブログでも紹介していましたけど、その中の書籍+αです。

コロナ自粛期間中の課題図書① -小説編-

コロナ自粛期間中の課題図書② -歴史・経済編-

コロナ自粛期間中の課題図書③ -医学・生物編-

別に「何かの役に立てよう」と思っているわけではなく、「こういう時だからこそ、いまの社会に直結するような知識を身に着けておこう」という意図があったんですよね。

で、かなり勉強になりましたよ。

「面白い」と思った点をいくつか紹介しておきます。

まず、『感染症の中国史- 公衆衛生と東アジア』(中公新書)について。

本書は、「中国史」というよりは、サブタイトルはの「公衆衛生と東アジア」という方がしっくりきますし、近現代史が中心となっています。

面白かったのは、繁栄を極めた清朝も、感染症に悩まされたんですが、「国家が感染症対策を行うべき」という発想はなかったんだそうです。

そもそも、東アジアに公衆衛生の概念が普及したのは、日本の植民地統治の影響が大きいそうなんです。
当時の日本は、急激に文明化する中、公衆衛生にも力を入れていた。

本書の中であからさまには書いてない(植民地支配は肯定できないため、抑えた書き方をしている)のですが、日本が東アジアの公衆衛生の発展に果たした貢献は大きいと思います。

ところが、今回の新型コロナ対策では、東アジア諸国の中では、日本は後れを取っていると言ってよい。

皮肉なもんだなあ・・・と思います。

下記の書籍を一通り読んで思ったこと。

新型コロナに翻弄される現状を見て、「人類は進化してないんじゃないか?」と思う人も多いと思いますが、医学はすごく進化しています。

18世紀末にジェンナーがワクチンを発見するまでは、感染症対策は、隔離政策しかなかったんですよねぇ。

しかも、ウイルスが発見されたのは、1892年で、しかも最初に発見されたのは植物ウイルスでした。

ワクチン発見から200年強、ウイルス発見から100年強なのですが、短い期間でものすごく医学も公衆衛生も発展しました。

それによって、数多くの感染症を封じ込めた。
天然痘のように、撲滅に成功した感染症もあります。

なお、天然痘の撲滅は、WHOの貢献によるものだそうですが、感染症対策でWHOが果たしてきた役割は極めて大きんだそうです。
いまのWHOがヘナチョコで、テドロスがダメダメだとして、「WHOに金を出すな」、「WHOとは手を切れ」なんて言うのは、短絡的だと思うんですよねえ・・・

話が逸れましたが、科学が発展した一方で、人間の理性とか道徳心はあまり進歩していない・・・というのも事実のようです。

100年前の「スペイン風邪」(といっても、期限はスペインでもなければ、風邪ではなくインフルエンザなんですが)の大流行の際は、第1波はたいしたことはなく、第2波、第3波で多数の死者を出しました。

これが新型コロナ前の最も直近の世界的なパンデミックだと思うんですが、大半の国の政府はその流行から学んで十分な対策を取ろうとしないことには、ある意味、驚きですねえ・・・

もうひとつ、面白かったのは、梅毒(性病)がヨーロッパで流行した際に、イタリアとフランスがお互いに責任を押し付け合って、イタリアでは「フランス病」、フランスでは「イタリア病」と呼んでいたそうです。

これも、いまアメリカと中国で責任を押し付け合っている様子と酷似しているし、トランプ大統領が「チャイナウイルス」とか「武漢ウイルス」とか言っている様子は梅毒の時代と変わらないなあ・・・と唖然とさせられますよ。

感染者に対する酷い差別は、歴史的に見ても常に見られたことだし、場合によっては根拠のない人種差別にも発展しています。

例えば、ペストの際に「ユダヤ人が仕組んだ」とされて、ユダヤ人虐殺が起きています。
感染症が引き金となって、人種問題が顕在化するのも歴史的な常態だったんですねえ。

「歴史は繰り返す」と言いますが、それぞれの時代で置かれた環境は違うので、そのまま同じことが繰り返されているわけではないですが、人間の本質があまり変わらない以上、似たようなことが起こり続ける・・・というのは紛れもない時事ですね。

「新型コロナは未曽有の危機!」とか言ってますが、100年単位で歴史を遡れば、もっと凄いことが起きています。

そこから学ぶことは沢山あると思いますよ。

てか、「過去からもっと学んで第2波をちゃんと押さえろよ!!」思いますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください