お金持ち

昨日のブログで、本を始末するために、自宅にある本をひたすら読んでいると書きました。

「金持ち本」を再読

読んだ本はブックオフで売ろうかと思っていたんですが、実質のところは二束三文にもなりません。

せいぜい、一冊数円か、高くても数10円くらいでしか買ってもらえないんですよねぇ。

新刊書のベストセラー本なら別でしょうが、そんな本は自宅にはありません。
(そもそも新刊本はほとんど買わないので)

メルカリは、NHKの語学番組のテキストを購入するために使っていたんですが、結構書籍がたくさん出品されているんですよねぇ。

で、試しに読み終わった本を出品したら、すぐに売れました!
調子に乗って何冊か追加で出品したら、それも売れました。
それ以降に出品したものは、まだ売れてないんですが、価格を下げるとかして、売れるなら売ってしまいたいと思います。

これまで僕がネットで本を売らなかったのは、送料が高いし、出品の手間もかかるので、効率が良くないからです。

ただ、メルカリは非常に便利だし、配送料も抑えられています。

  • スマホでバーコード(ISBNコード)を読み込めば、情報を自動で入力してくれる(販売適正価格も自動表示してくれる)。
  • 送料も一部メルカリで負担してくれて安く抑えられる(下記)
    • 日本郵便 クリックポスト→送料185円
    • 日本郵便 ゆうメール ~150g 送料180円
    • ゆうゆうメルカリ便 ゆうパケット 送料175円
    • らくらくメルカリ便 ネコポス 送料195円
  • 郵便局の端末でQRコードで送り状を自動作成してくれるので、宛先等を書く必要がない

梱包作業は必要になりますし、出品作業は楽とは言っても完全に自動化はできないので、多少の手間はかかりますけど、必要な手間は最小限で済むようになっています。
「IT恐るべし!」ですね。

なお、手数料は10%です。

東京にいる僕の元同僚なんかは、自粛期間中にメルカリで本を売って、2万円以上売り上げたと言ってました。

アルバイトとしておいしいかどうかはさておき、発送以外はじたくでできるし、ストレスもないし、空いた時間でできるので、悪い仕事ではないですね。

まあ、いまは仕事してないですから、食費の足しくらいでも収入があるのは安心感があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください