労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

株価はジェットコースターのように乱高下を続けています。
いい加減、何とかしてもらいたいものです。
そんなこと言ったところで、何もしてくれないのが株式市場なんですが。

さて、先日お知らせしていたように、橘玲の『臆病者のための億万長者入門』(文春新書)のレビューをしたいと思います。
『臆病者のための株入門』(文春新書)の続編というか、姉妹編です。

僕にとっては、あまり新しい知識や発見はありませんでしたが、バラバラの知識を整理するよい機会だったと思います。
本書に限らず橘玲さんは、難しいところをごまかさず、できるだけわかりやすく丁寧に教えてくれます。
株式投資だけでなく、ギャンブルやら保険やら不動産やら、資産運用、人生設計に関して、シンプルかつ系統的な説明がなされています。
かなり聡明な方だなあ、と思いますね。

個人投資家が書いた本は、実践的ではあっても、偏っていたり、不完全な知識や情報に基づいたものが多いですが、橘さんの本はプロだけあって、バランスが良いです。
必ずしも、実践的でない部分もありますが、資産運用をする人は基本的な知識として知っておいた方が良いことばかりです。

「あまり新しい知識や発見はなかった」とは書きましたが、あえて言えば「株式投資の利回りがGDPの成長率より高いのはなぜか?」という説明には「なるほど!」と思いました。
つまり、企業は自己資金だけではなく、借入金でレバレッジを掛けてビジネスを行う。
その分、収益力が押し上げられ、それが株価に反映される。

株式投資による期待収益率がインフレ率を上回るのは、リスクの対価とも言えますね。
良く考えると当たり前のことかもしれませんが、明確には意識してませんでした。

市場が不安定な時こそ、じっくり本を読んで勉強するのも良いかなと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください