今年から個人事業主なので、確定申告をしないといけません。

まだ先ですが、いまからゆるゆると本を読んで勉強しています。

『フリーランス&個人事業主のための確定申告 改訂第11版』

確定申告の基本的なところがしっかりまとまっていて、勉強になりました。
ただ、入門書的な位置づけなので、これだけで申告できるかというと、ちょっと難しいかもしれません。

ここから先は、本を読むのではなく、実践しながらネットで調べたり、詳しい人に聞いたりする方が要領は良いかもしれません。

会社員時代も、株の売買があったり、臨時所得がちょっとあったりして、確定申告は何度かしたことあります。
でも、青色申告ははじめてです。
いまは複数の収入源があるし、経費で落とせる範囲も広いので、複雑さが全然違いますね。

この前は、下記の本を読みました。

社長じゃなくても役に立つ! 『社長、その領収書は経費で落とせます! 元国税調査官が教える「節税」の教科書』

書類の書き方やら、経費の申請の仕方やら、仕分けの仕方やら、確定申告って色々と勉強しないといけないことが多いですね。

独立した人は「会社員時代は全部会社がやってくれて楽だったなあ」なんて口を揃えて言ってます、

たしかにそれは事実ですが、自分でやることで勉強になるし、商売に関する当事者意識が芽生えます。
「時間と労力が取られる作業」として捉えるのではなく、「授業料を払わないで勉強できる良い機会」とポジティブに捉えてやっていきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください