前も書きましたが、『知らないと恥をかく世界の大問題』(角川SSC新書)池上彰
のシリーズを読んでいます。

『知らないと恥をかく世界の大問題 』(1,2)で世界情勢を勉強

3,4は自宅になかったので、5,6を読んでいます。

2014年あたりからの動向を解説したもので、世界の主な政治情勢から、日本経済まで、重要な論点がまとまっています。
たしかに、わかりやすく、一定の過去に遡って現象を解説してくれるので、現状を知るだけでなく、現在に至るまでの大きな流れが俯瞰でき、現代史の勉強になります。

シリーズになってくると、前作とも重複するところが多いですねえ。

あと、トランプ政権の誕生によって、これらの本に書かれている状況が大きく変わってしまいました。
大統領選に関する言及もありますけど、トランプのトの字も出てきません。
クリントンが当選するかどうか、、、的な論調になっています。

そういう意味では、発売当初から有用性は薄れてきていると言えますけど、トランプが台頭するに至る手前の現象は正確に捉えられているので、そこの復習になりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください