連続でヴェネチアルネサンスの展覧会に行ってきたので、自宅で未読のヴェネツィア関連の書籍を引っ張り出して読んでます。

「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」@国立新美術館はダークホース的な展覧会

天才の才能を感じた「ティツィアーノとヴェネツィア派展」@東京都美術館

買ったことをすっかり忘れてましたが、本棚に『ヴェネーツィアと芸術家たち』(文春新書)山下史路

があったので、引っ張り出して読んでみました。

ただ、最初に断っておきますけど、ヴェネチアルネサンスに関することは、ティツィアーノの章だけです。

本書は、モーツァルト、ゲーテ、ワグナー、スタンダールなどの芸術家が、ヴェネチアとどうかかわり、ヴェネチア体験がそれぞれの創作とどう関わっていたかをつづった本です。
なので、タイトルとしては、『芸術家たちのヴェネツィア体験』とかした方が、内容に沿っている気がします。

ヴェネチアと関係ない芸術家の出自やエピソードも結構あります。
チャイコフスキーが同性愛者でそのことで苦しんで自殺未遂を起こしたとか、ワグナーの自己顕示欲と誇大妄想が凄かったとか。
それはそれで面白いし、後でヴェネツィア体験とも関わってくるのですが・・・

著者は、ヤマハ音楽講師を歴任されていたそうで、紹介されている8人のうち、4人が音楽家です。
日本人に人気あるヴィヴァルディの『四季』ですが、ヴェネツィアの四季は日本とはかなり異なっていて、それを前提として聴く必要がある・・・みたいな話があって、「なるほど」と納得できました。

主語はヴェネツィアという都市ではなく、それぞれの芸術家という感じですね。
タイトルがタイトルだけに、もう少しヴェネツィアという都市にフォーカスしても良かったんじゃないかと思ったりします。
あと、地名等、一般的でない表記がされていたりして、イタリアのことをあまり知らない人が読むと、混乱するところがあるんじゃないかという気もします。

前も紹介しましたが、ヴェネツィア絵画について知りたい方は、『ヴェネツィア 美の都の一千年』(岩波新書)をオススメします。

『ヴェネツィア 美の都の一千年』は珠玉の入門書


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください