これまでとはちょっと違った分野の書籍レビューです。

『不屈の棋士』 (講談社現代新書)

将棋の世界では、棋士が人口知能に敗れるという、未曽有の出来事が起きています。

僕自身は、将棋は中学生以来やってないのですが、電王戦には興味があります。

NHKスペシャル「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」は考えさせられた

スリリングだった、ETV特集「最強ソフトVS個性派棋士~激闘 電王戦二番勝負~」

あと、元勤務先の同期が将棋にはまっていて、会うたびに将棋の話をするので、否応なしに興味を持たざるを得ません。

本書は、棋士へのインタビューから、人口知能と人間との対決をリアルに綴った著作です。
投資とは関係ないですけど、投資系のブロガーさんも推薦されていたので、読んでみた次第です。

将棋専門記者だけあって、著名な棋士、人口知能との対戦に関わった棋士はほぼ網羅されています。
羽生善治、渡辺明の棋界の双璧はもちろん、敗北を喫した山崎隆之氏などなど。

さらに、単なるインタビュー集でなく、著者が導入とまとめで論点を整理してくれています。
対象者によって全然意見が異なっていたりするのですが、全体としてはまとまった感があるのは、著者の筆力と編集力に負うところが大きいと思います。

さて、インタビューを読んでいても、コンピュータは本当に強くなっているんですねえ。
いずれ、人間が勝てなくなるという意見が優勢でした。
ただ、棋士の存在価値が無くなるかどうかという点では、意見が分かれるところでした。

まあ、チェスで言えば、IBMのディープブルーが当時のチャンピオンのカスパロフに勝利した後、研究は終了して、人間同士の対決に戻りました。
いずれ、将棋も同様だと思います。

ただ、将棋ソフトの登場で人間同士の対局にも変化が生じているんですよね。
定石の有効性がなくなったり、流行のサイクルが早くなったりしているんだそうです。

いまは結構スリリングな時代だと思いますけど、近い将来、決着がついて、ソフト開発も終了するんでしょうねえ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください