連休中に『年収100万円の豊かな生活術』という本を読みました。
話題になっていた本なので、知っている方も多いのではないでしょうか?
これまでなら、こういう本は読まなかったと思うのですが・・・・・・
リタイアと、その後の生活デザインをを考えはじめてから、本書に興味が湧いた次第。
ほかの節約本と異なるのは、著者が東大卒で大手飲料メーカーへの勤務経験もある「エリート」である事。
そして、単純に節約することが目的ではなく、限られた資産の中で人生をどう楽しむかに重点が置かれている点。
特に、著者の食へのこだわり(いかに安く美味しいものを作るのか)はすごいですね。
僕とは人生のウエイトの置き方は違うとは思いますが、共感するところも多々ありました。
目的を達するには、働いた方が手早いのでは?
という疑問も生じますが、そこは著者の美学というか、ライフスタイルなんでしょうね。
お金だけではなく、時間も人の重要な資産であるということを忘れてはいけないなと思いました。
私の場合、すでに不労所得は100万円あるので、同じような生活はできそうですが、やりたいことは色々あるので、もう少しお金を貯める必要があります。
つまるところ、欲望の問題かな?と思います。
自分が手に入れられる範囲のもので、いかに満足できるかどうか。
それで満足できれば、その人は幸せ。
参考にする場合、著者が、
・独身である
・親から受け継いだマンションが不労所得になっている
・ネットの内職で実質上100万円以上の収入がある
というところは考慮しておく必要があると思います。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】年収100万円の豊かな節約生活術 [ 山崎寿人 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】年収100万円の豊かな節約生活術 [ 山崎寿人 ]
価格:1,182円(税込、送料込)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください