free-illustration-money-11

労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

また本の紹介です。

『年収300万~700万 普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話』(佐藤治彦著;扶桑社新書)

僕は、年収300万円~700万円でもないし、普通の人でもないのですが、参考になりそうなので読んでみました。

僕の手元の本は、第1版で10刷まで行っているので、売れている本なんでしょうねえ・・・

僕にとっては特に目新しい事はなかったですが、オーソドックスで堅実な内容になっていますので、読んでおいて損はない本です。

面白かったのは、著者は資産運用を薦めていない点です。
株価が下がりすぎた時だけ、余裕資金の一部を使って投資をするのは良いが、それ以外では投資は薦めないとのことです。
「定期預金で十分」とのご意見。
これはちょっと驚きました。
この主張の是非はさておき、投資で儲けようなんて考える前に、公的な制度でどのくらいカバーが可能かちゃんと把握して、それに則って人生設計をすべきという発想で、これはきわめて真っ当な考え方だと思います。

著者は、外資系金融を渡り歩いたり、経済記者をされたりとイケイケの経歴を持っている方なのですが、書かれている内容は全然そういう感じでもないですねえ・・・

今朝紹介した山崎元さんの著作ともかなり通じるところがありますが、公的年金や健康保険でかなりのところがカバーできるということで、むやみな蓄財、節約や民間の保険への加入などは必要ないとの主張。

初心者は読むべき『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』

持ち家についても、推奨はされてません。
(積極的に反対もしていませんが、全体の論旨からすると賃貸派だと思います)

中立的な立場のお金の専門家は、口を揃えて「民間の保険は入るな」「アクティブファンドは買うな」「不動産は買うな」ということを仰っていますが、これらは業者を得させることはあっても、個人が得することはないんでしょうね。

あと、「ケチケチしても本当の節約にはならない」ということも多くの方が仰ることです。
小さな出費を我慢してストレスを貯めるよりも、大きな出費を減らして、小さなところではちゃんと使った方がトータルではお金は貯まりますもんね。
僕はケチなので、小さなところでも大きなところでもケチりますけどね。

日本人にありがちがなのですが、「将来のため」と称して、不動産を買ったり、保険に入ったりする。
こういうお金を固定してしまうやり方は人生を楽しむ上で適切なやり方ではないという主張です。

そうなんですよねえ。
お金って流動性をしっかり持たせつつ、将来のことも考えながら過剰に使わないことが、一番ハッピーな資産管理の方法だと思います。

余裕資金がある人は資産運用はした方が良いとは思います。
その点を除いては、おおむね納得できる良書でした。


4件のコメント

  1. 京一

    万楼さん、
    いつも楽しく拝見しております。
    実にまっとうなブログで素晴らしいと思います。
    私も40歳台で万楼さんとはほとんど同じ年ではないかと推察します。(昭和46年生まれです。)
    私も独身ですし(離婚歴あり)、日々節約しながら
    サラリーマンをしております。
    万楼さんほどの資産はありませんが、これでも
    4,000万程度には蓄えました。6年後に勤め先を
    卒業しようと思います。
    なので、万楼さんをお手本にしながら
    生活しております。
    ぜひ、万楼さんと友達になりたいなと
    常々思っております。
    TOEICや寅さんに興味があるのも共通点です。
    今後もブログ楽しみにしております。
    一度お会いして、資産運用で盛り上がりたいです。
    ここ数年、なぜか息苦しくて、会社を卒業することを目標にしております。

    返信
  2. bucketlist

    ありがとうございます。
    同じような立場の方がいらっしゃって心強いです!
    40代になると、会社での立ち位置が難しくなりますからねえ・・・
    出世すると責任を負わされるし、責任を負わないと出世できない。
    今後ともよろしくお願いしますね。
    いまは素性を明らかにはできませんので、お会いするのはいずれ!!

    返信
    • 京一

      お返事ありがとうございます。

      ここ数年、「生き苦しい」の打ち間違えでした。
      そうですね、会社の中でも私の代わりなど
      なんぼでもいますし、こだわる必要ないのではと。

      いずれにしろ、私も経済的な自立を目指して
      いきます。
      万楼さんが、会社をおやめになって、自由になったらぜひ、お目にかかりたいものです。
      その日を楽しみにしております。

      私も消費には興味がなくて、つつましく生きていきたいものです。会社の評価や転勤やら、疲れました。(笑)

      京一

      返信
  3. 京一

    お返事ありがとうございます。

    万楼さんが会社をお辞めになって
    自由になりましたら、ぜひお目にかかりたい
    ものです。
    当方もつつましく、穏やかに暮らしていければと
    思っております。会社を卒業した人たちの
    ネットワークを作りたいですね。

    ここ数年、「生き苦しい」の打ち間違えでした。

    先週の寅さんで松坂慶子、めちゃめちゃ可愛かったですね!
    京一

    返信

bucketlist へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください