お金持ち

前の日記で、『お金持ちの教科書』(加谷 珪一)を紹介しました。

『お金持ちの教科書』を読んで、僕はお金持ちにはなれないと思った

前半に資産額によるお金持ちの段階について書かれていたものが面白かったです。

・お金持ちの入り口は「資産1億円」
一般的な富裕層の定義が上記だったりします。これはキリが良いというだけでなく、利回り3.5%で運用すれば、年収350万円が入る。
運用益だけで細々とした生活なら成り立つというレベルです。
アーリーリタイア(セミリタイアではなく完全リタイア)も視野に入ってきますね。

・本当の大金持ちは「資産3億円以上」
上記と同様に考えると、運用益だけで1000万円行きます。
実際にここまでないので分かりませんが、資産3億円以上になれば、それ以上増えてもあまり満足感は変わらないかなあ・・・と思います。
年間1000万円使えるなら、大抵のことはできますからね。
それ以上のことは、ムダと行って良いレベルの贅沢だと思います。
元本を取り崩していけば、もっと使えますが。

上記を達成するのはなかなか難しいかもしれませんが、「資産5000万円から価値観が変わる」とのことなので、まずはここを目指してみると良いかもしれません。
書籍によると、「運用で生活できる希望が少しだけ見えてくる」段階です。
資産運用をしていれば、運用益で年間100万円単位の収益が見えてきますからね。
僕の感覚で言うと、5000万円の時は何も変わりませんでした。
というのも、ちょうどリーマンショックがあって、一旦達成していた5000万円を割り込んで低迷、お金が自然に増えていく感じがしなかったからです。
再び5000万円を回復した後に、日本市場が本格回復して行って、資産が急増していきました。

いずれにせよ、資産が増えれば増えるほど運用も楽になり、不労所得も増えていきます。

あと、「年収1000万円」が一番キツイという話がありました。
これは実感できますね。
世間的には年収1000万円ってスゴイ!と思うかもしれませんが、意外に贅沢はできないんですよね。
税金でたくさん取られるし、収入が多いことで出費も嵩んでくる。
都心に住んで、専業主婦を養い、子供を私立にやっていれば、意外にカツカツだと思います。
実際、そういう人をたくさん知っています。
ただし、一人暮らしで地味な生活をして、年収1000万円あれば、お金はどんどん貯まっていきますが。

いずれにしても、重要なのは、できるだけ早く「種銭」を作ることですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください