学生時代に『深夜特急』を持って卒業旅行に行って以来、沢木耕太郎の本は旅のお供になっています。

お盆の徳島旅行の際も、持っていきました。

「愛」という言葉を口にできなかった二人のために (幻冬舎文庫l沢木 耕太郎)

旅ではなく、映画について語った本です。

旅がテーマでなくとも、沢木さんは非日常的な視点からモノを観ているところがあり、旅のお供に向いています。

さて、本作は、『世界は「使われなかった人生」であふれている』の続編。

両方とも気取ったタイトルですが、タイトルが内容を物語っています。

沢木氏によると、映画というのは「愛という言葉を口にできなかった人」で成り立っていると言います。

引き合いに出されているのが『ローマの休日』。
恋愛映画でありながら、お互いの立場上、男女はどちらも愛を「口」にしない。

最近、レビューを書いている『男はつらいよ』シリーズなんて、まさにそうです。

愛を口にできなかったり、人生が思い通りにならなかったりするからこそ、ドラマが成立するんですよね・・・

前作もそうなんですけど、沢木さんというのは映画を題材にしつつ、自分の世界観について語っています。
だから、題材とされている映画がどのくらい優れているのか、というのはさほど重要ではないんですよね。

そういう意味で、映画評論家の文章とはだいぶ違います。
本で題材になっている作品の中で、僕が観たものは意外に少なかったのですが、だから面白くないわけでは決してないところが、沢木氏の筆力だと思います。
まあ、映画そのものではなく、人生を語っているから、面白いと思えるわけですがね。

ちょっとしゃれたバーでセンスの良い友人と会話しているような、そんな気持ちになる本です。
リアル生活ではそういう体験はないんですけどね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください