本日も良い天気ですね・・・

短期的な目標として、
・株の配当金+投信の分配金で、家賃と光熱費を賄う
・ブログの収益で食費を賄う(外食は除く)

というのがあります。

前者や達成できていますが、後者は全然達成できていません。
収益が10倍くらいにならないとムリなので、道は遠いです。

最初は儲けより、PVを増やすことが重要。
PVを増やすためには、記事を量産すること。

ということが各所で言われているので、それに従っています。

PVもまだまだ少ないのですが、右肩上がりで増えています。
この辺で「儲け方」の部分も学んでおいた方が良いだろう。

そう思って読んだのが、『世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生』

プロブロガーの二大巨頭(?)染谷 昌利氏とイケダハヤト氏の共著。

イケダハヤト氏は、ワークスタイルや地方移住に関する言説は独りよがりのものが多いですけど、ブログ運営に関する論考は優れてたものが多いです。

さて、本書ですが、タイトル通り、アフィリエイトの基本的なノウハウが分かりやすくまとまっていて、初心者にはとても良い本です。

うっかりしていたのですが、Google Adsenseはアフィリエイトではないんですね・・・
なので、本書は、Google Adsenseについては書かれていません。
正確に言うと、アフィリエイトとの比較としては書かれています。

そういう意味では、いまはアフィリエイトはAmazonアソシエイトしかやっていません。

もうちょっと範囲を増やしていきたいところなのですが、どういうものを選択すればよいのかが良くわからない。
そんなわけで、本書を手に取った次第です。

どのブログサービスを使うのか
どのアフィリエイトサービスを使うのか
どういう商材が適しているのか
どういうブログの運営をすべきか
etc.

について、基本的なところが書かれています。
奇をてらったところはなく、極めてオーソドックスな内容になってます。

知れば知るほど実感するのですが、「アフィリエイトで稼ぐ」なんていうと、ちょっと怪しい感じがしますが、かなり地味かつ地道な継続性が求められる世界なんですよね。

アフィリエイトをやるにせよ、やらないにせよ、ブログで儲けたいブロガーは一読すべき価値があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください