今回の上京の目的のひとつは、劇場&美術館めぐり。

新国立劇場の『ジゼル』観てきました。

『ジゼル』を劇場で観るのは3回目。

これまでのバレエ・オペラの最多は『白鳥の湖』『くるみ割り人形』『ジゼル』『魔笛』『フィガロの結婚』がそれぞれ2回ずつ。
『ジゼル』が特別好きな演目かというと、実はそうでもありません。

たまたまロシア旅行中に、サンクトペテルブルグで公演と重なったので行ってきたのが一回目、東京時代Kバレエの公演チケットが半額が手に入ったので行ってきたのが2回目。
そして、今回自分でチケット取っていってきたのが3回目。

本作は「ロマンチックバレエの代表作」と言われてます。

ロマンチックバレエは、ロマン主義が台頭してきた頃、その影響下で作られたもので、一幕目が現実社会、二幕目が幻想世界という構成なんだそうです。
そもそも、バレエ作品ってロマン主義的な要素を色濃く持っているものだと思うので、線引きが難しいなぁ・・・と思います。

以前レビューした『ラ・シルフィード』しかりなんですが、二幕もので休憩時間を除くと2時間に満たないので、ちょっと物足りなさがあるし、華やかさはあまりないんですよね。

なので「初めてバレエ見るけど何がいい?」と聞かれたら、あまり本作は勧めませんね。

と、ネガなこと書いてきましたけど、今回の公演は良かったですよ。

特に二幕目の森の中の幻想的な雰囲気が、演出でも踊りでも良く出ていて、引き込まれる感じはありましたよ。
最後はウットリした気分で劇場を後にすることができました。

『ラ・シルフィード』はゲス不倫の物語だと書きました。
『ジゼル』の方は、恋愛で酷い目に合わされた女性の仲間が相手の男を総スカンを食らわす物語だと思います(!?)。

そういう意味で、ファンタジーとして美しく幻想的に描かれてはいるけど、下敷きにされているのは現実社会でもありうる出来事です。

実際、僕の前の勤務先で、先輩(男)が派遣社員と不倫した末に捨てるという出来事があったんですが、他の派遣社員が結託してその先輩を・・・
(以下省略)

『ラ・シルフィード』はゲス不倫の物語とも読める


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください