去年に続いて、今年も行ってきました。

NHK バレエの饗宴 2017

バレエの饗宴2017

今年で4年連続です。
去年のレビューは下記。

バレエ入門に最適な「NHK バレエの饗宴」

場所はNHKホール(最寄駅は原宿/明治神宮前/渋谷)

NHKホール

前も書いた通り、複数のバレエ団の踊りが見れて、盛りだくさんの内容です。
なので、入門には最適なんですよね。

出演バレエ団と演目は下記の通り。

井上バレエ団/「ナポリ」第3幕から パ・ド・シス、タランテラ、フィナーレ
貞松・浜田バレエ団/「死の島 - Die Toteninsel (仮)」(新作初演)
新国立劇場バレエ団/「テーマとバリエーション」
牧阿佐美バレヱ団/「眠りの森の美女」から 第3幕

今年も、後ろの方の席は空席が目立ちました。
だんだん集客力は落ちている感じがしますね・・・

でも、NHKホールは3階席(C席)でも結構見え方は良いのですよね。

お昼ご飯を食べすぎたせいで、最初は朦朧として、集中力が途切れそうでした(苦笑)が、途中でなんとか持ち直しました。

踊りのレベルが高かったのは、新国立劇場バレエ団と牧阿佐美バレヱ団でしたね。
体の伸びというか、音の合わせ方というか、その辺が違います。
拍手や声援も一段と大きかったですね。

ただ、ここ2年を観ていると、クラシックバレエのウェイトが大きくなって、作品の幅が狭くなってる感はありますね。
4年前と比べると、やや盛上りに欠けた気がします。

公共放送の電波のチカラがあるんだから、集客ももっとできると思うし、毎年テーマを決めるとかして、演出もアップデートしていって欲しいです。

あっ、でも沖縄行っちゃうから、来年はこれないかもなあ・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です