さて、続きまして舞台編です。

2016年を色々振り返ってみる(本当にいろいろあった僕の1年)

2016年を色々振り返ってみる 映画編

2016年を色々振り返ってみる 美術展編

今年、一番良かったのは・・・

新国立劇場のバレエ『ドン・キホーテ』でしょうか。

ドンキホーテ
新国立劇場の「ドンキホーテ」は完成度が高いバレエの名作だった

見どころ満載で、芸術性とエンターテインメント性を兼ね備えた、楽しめるバレエでした。

同じ新国立のオペラ『魔笛』も良かったですけどね。

魔笛 新国立劇場で「魔笛」を観る

国立劇場の方が50周年記念事業をやっていました。
特に『仮名手本忠臣蔵』が全編通しで見れたのは良い経験でした。
ただ、これが普通に見て面白いかというと・・・
現代人から見るとちょっと冗長ですからねえ。

舞台に関しては、上記二作意外に際立ってよかったものはなかったかなあ・・・という感じです。

もちろん、良作と呼べるものにはいくつも会えましたがね。

では、今年の振り返りもこれにて終了。

みなさま、よいお年を!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください