新国立劇場で「魔笛」を観てきました。

CIMG3366

荒唐無稽なおとぎ話が、モーツァルトの手にかかると、途端に高貴な芸術に変わってしまうのはまるで魔法です。
出演者全員が日本人なのに、全部ドイツ語だったのが、違和感が拭えなかったのですが、日本語でやればいいってもんじゃないですよね。
いずれにしても、3時間楽しめましたよ。

ちなみに、生まれて初めて見たオペラが、この「魔笛」でした。
もう、25年くらい前のことだったと思います。
田舎の県民ホールでやったのですが、その時と比べると、セットも衣装も豪華です。
当時は、オーケストラではなく、音声テープでしたがね。
レベルは高かったように記憶していますが、当時の僕にどのくらいの鑑賞能力があったかはわからないので、どうとも言えませんね。

だから、観ていて懐かしさを覚えました。
当時は、文化的なものにひたすら憧れていたなあ・・・と思います。

CIMG3364

会社を辞めたら、ヨーロッパをゆっくり回りながら、各地の劇場でバレエやオペラを楽しみながら放浪したいなあ・・・といかにも気取ったことを考えています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください