新春浅草歌舞伎に行ってきました。

CIMG3189

この新春浅草歌舞伎、若手役者の登竜門とも呼ばれています。

会場の浅草公会堂は歌舞伎座と比べて豪華絢爛さはないですが、お値段もリーズナブルで気軽に行けます。

CIMG3190
CIMG3195

2階ロビーから浅草寺が見えて、なかなかいい雰囲気ですよ。

CIMG3199

若手中心と言っても、実力派が多く、十分楽しめると思います。

通の人が観るとどうかはわかりませんけど、少なくとも僕が見る限りはしっかりした内容だったと思います。

僕は、第2部の「毛抜き」「義経千本桜」を観に行きました。
両方とも、生で観たことなく、観たいと思っていた演目なので、ちょうどよかったんですよね。

第1部も観たかったけど、新春浅草歌舞伎自体が初めてだったので、第2部だけ行くことにした次第。

今回上演の、義経千本桜の川連法眼館の場は、僕のようなあまり詳しくない人でも楽しめるので、初心者にはオススメの演目です。

特に、後半の狐が姿を表して・・・というところは、 アクロバティックで派手な所作が多いので、何も知らずに見ても楽しめますよ。

それにしても、義経千本桜は「日本人のココロ」をうまく表現した作品だと思いますよ。

歴史的には「敗者」である義経にフォーカスしている。
人と動物を分け隔てなく扱う、
親子の縁を尊ぶ。
etc.

新年気分もこの連休で終わりでしょうかね・・・

正月気分を脱して、明日から頑張りたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください