カメラの修理で新宿に行く機会があったので、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館に行ってきました。

新宿は、人は多いけど、美術館過疎エリアです。
美術館に限らず、ハイカルチャーに欠けてますねえ・・・

かろうじて西側に文化施設がありますけど、よそよそしい感じがします。

「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」は新宿にある数少ない美術館なんですが、商売っ気がなさすぎます。
人気のある展覧会も少ないし、お客さんも少ないです。
そもそも、美術館の名前自体が長すぎて覚えにくい。

さて、今回行ってきたのが・・・

「クインテットⅢ 五つ星の作家たち」

dav

新進気鋭の5人の女性アーチストを紹介する展覧会。

何回目だったか忘れましたが、このシリーズのどれかの招待券を貰って、行ったんですが、結構良かったんですよね。
今回、チケットショップで入場料の半額以下で招待券が入手できたので、行ってきました。

相変わらず、お客さんは少なくて、ゆったりできます。

dav

個人的には、橋本トモコさんの作品が好きでしたよ(上記)。

dav

チケットでも一番大きく印刷されている、木村佳代子さん(上記)の作品も良かったです。

ただ、全体としてはなんか物足りない感じがしました。
この前行った時と比べてもです。

作品のレベルが低いわけではないけど、作品のバリエーションが少なかったせいかと思います。

企業の美術館がアーチストのパトロン的な役割を担うのは良いと思うんですが、企画やプロモーションはもっと力入れてやってもらいたいところです。

常設作品は、数が少ないけど傑作揃いです。
バブル期に高額で購入して話題になったゴッホの「ひまわり」もありますからねえ。

ビルの上昇階にあって、眺めも良いです。
一方向しか窓はないですが・・・

dav

dav

色々な点で、もっと努力してほしい美術館ですよ。

「クインテットⅢ 五つ星の作家たち」@東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

展示品の質 ★★★☆☆ そこそこですかねえ。
展示数 ★★★☆☆ 70点ですが、やや少ない感じですかね。
雰 囲 気 ★★★☆☆ 眺めは良いけど、まあ普通。
解  説 ★★☆☆☆ 最低限という感じ。
交  通 ★★★☆☆ 新宿にありますが、駅から歩くし、ちょっと分かりにくいかな。
入場料(CP) ★★★☆☆ 一般600円は、まあ妥当かと。
総評 ★★☆☆☆ 美術館にはもう少し経営努力をしてもらいたいので、星ひとつ減らしときます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください