映画編に続いて、美術展編に行ってみましょう。

2016年を色々振り返ってみる(本当にいろいろあった僕の1年)

2016年を色々振り返ってみる 映画編

今年行った美術館で一番衝撃を受けたのは、「大塚国際美術館」です。

大塚国際美術館3

この美術館には度肝を抜かれました。
レプリカとはいえ、西洋美術の名作がすべて揃ってます。
こんな美術館は、古今東西ここしかないと思いますよ。

日本一入場料の高い大塚国際美術館はクオリティも最高だった

この美術館は常設なので、趣旨からすると企画展を挙げるべきでしょうね。

今年のベストは『生誕300年記念 若冲展』

若冲展2

行列が凄すぎる!「生誕300年記念 若冲展」
成功したリタイア老人 伊藤若冲

近年再評価されている伊藤若冲の珠玉の作品を集めた素晴らしい展覧会でした。
ただ、混雑ぶりも超一流で、異常な混雑で魅力が削がれたのもまた事実。
混雑のマイナス点を加味すると・・・

一番良かったのは『ルノワール展』。
幸せな気分が味わえた『ルノワール展』@新国立美術館(六本木)

ルノワールは特別好きな画家ではなかったけど、展示作品が質量ともに素晴らしかったですよ。
レビューでは四つ星ですが、五つ星あげても良いくらいの優れた展覧会でした。

これから平日の空いた時間に美術館に行けると思うと、楽しみですよ。
今後はもっとたくさん行ってきます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください