リタイアしたら、写真撮影の勉強をしたいと思っています。
そんなわけで、東京都写真美術館には比較的良く行っています。
自宅から遠いんですがね・・・

TOPコレクション02

今回行ってきたのは、総合開館20周年記念 TOPコレクション 東京・TOKYO

TOPコレクション01

タイトル通り、東京がテーマの展覧会。
東京オリンピックが近づくにつれ、至る所で「東京押し」がされていて、鬱陶しいところは多々あるのですが・・・

僕自身は、東京に来てもうすぐ25年ですが、東京という都市は好きですよ。
絶えず発展を続けながら、魅力的であり続ける都市は、日本では東京くらいしかないですからね。

で、この展覧会は2つの意味で面白いです。

1.ひとつは、単純に写真芸術の鑑賞として
2.二つ目は、東京という都市の読み解きとして

普通に鑑賞していても、「ここはどこなんだろう?」とか「当時のこの場所はどんな雰囲気だったんだろう」とか、そういうことを想像しながら観ていると、意外に時間を取ってしまいます。

僕が東京に来てからも、東京はかなりの変遷を遂げています。
そこからさらに時代を遡ると、だいぶ風景が違うんですよね。

ああ、この時代のこの場所では、人々はこういう風に生きていたんだなあ・・・
映像ではなく、写真というメディアだからこそ、想像力が掻き立てられる部分もあるかと思います。

TOPコレクション02

総合開館20周年記念 TOPコレクション 東京・TOKYO@東京都写真美術館

展示品の質 ★★★★☆ 良質なコレクションが展示。展示数。
展示数 ★★★☆☆ 3階のフロアのみで、150点程度
雰 囲 気 ★★★☆☆ 至ってオーソドックス。
演出&解説 ★★★☆☆ 至ってオーソドックス。
交  通 ★★★☆☆ 恵比寿は便利だけど、ガーデンプレイスは駅から遠いですね。
入場料(CP) ★★★★★ 同館のコレクションだからとはいえ、500円は安い!
総評 ★★★★☆ もっと展示数が多ければ、最高でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください