元日本代表の中田英寿の引退後の活動については、賛否両論あります。

特に、彼も参画したホワイトバンドプロジェクトについては、「詐欺まがいだ云々」という批判もありました(この件は良く知らないので、僕は何とも言えませんが)。

他にも「日本のサッカーの発展にもっと尽くすべきだ」という意見をよく見かけます。
実際、カズやイチローみたいに、現役を続けている選手の方が評価されている気もします。

ただ、この辺は本人の意思もあるので、しょうがないと思うんですよね。

村上龍(中田英寿と親交あり)が、「(中田氏は)才能豊かな人で、サッカーをやっていなかったとしても、世に出て成功したであろう逸材だ」みたいなことを書いていたのを読んだことがあります。
たまたま、若い時代に自分の才能が生かせる分野がサッカーだったというだけで、本人にとってはサッカーにこだわり続ける理由はないのかもしれません。
実際、引退後もファッションや日本酒ブランドを立ち上げたりして、活躍しているので、村上龍の予言(?)は正しかったと思います。

そんな中田氏が最近取り組まれているのが、日本工芸の活性化です。

僕も、以前はどうして中田さんがそっちの方向に行くのか、理解しがたかったのですが、NHKの『日曜美術館』に出演されているのを観て、「この人は本気で取り組んでいるなあ」ということが感じられ、評価は変わりました。

だからというのもあるのですが、週末にパナソニック 汐留ミュージアムの「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」に行ってきました。

revalue nippon project

相変わらず前置き長すぎ・・・ですかね(?)

実際は、「近くに行く用事があったのでついでに行ってみた」「チケットショップで招待券が安かった」というのもあるわけですが(笑)。

パナソニック 汐留ミュージアムは、規模は小さいし、あまりメジャーな作品を展示はしないのですが、企画自体が良いものが多いので、たまに行っています。

さて、今回の「REVALUE NIPPON PROJECT」に関してですが。
作品は良いものが多かったですよ。
特に、奈良美智のUFO鍋が面白かったですね。
あと、チラシや看板にもなっているけど、和紙を使ったシロクマ像もなかなかでした。
伝統工芸そのものというよりは、「伝統的の素材を使って現代風にアレンジした和風アート」という感じでしたが。

ただ、作品数はいつにまして少なく、「あれっ、これで全部?」という感じでした。
美術館のスペース自体が少ないので、造形物を多数展示すると、すぐにスペースがなくなってしまうんですよね。
定価の1000円だと、ちょっと高いかな・・・という感じです。

でも、僕が突っ込みたいのはそこじゃありません。

隈研吾、小山薫堂、佐藤可士和、佐藤卓、奈良美智、蜷川実花・・・

本プロジェクトの参加アーチストの名前を全員知っているわけではないですが、知っている人だけ見ても、そうそうたるメンバーであることは容易に分かります。
展覧会でも、参加アーチストの名前は、作品ごとに、黒い縦長の細長いパネルが、天井から下げられていて、縦書きの白ヌキ文字で大きく表記されています。

たしかに、中田英寿という各界に顔が利く、超セレブな存在であったからこそ、著名アーチストと、優れた作品を集めることができたんだと思います。
彼だからこそできたプロジェクトだったともいえる。

でも、「アピールすべきところはそこなの?」と思っていまいました。

展覧会を見る限りの印象ですが、「著名アーチストを沢山集めて、和風をテーマにコラボしてみた」という感じなんですよね。
『日曜美術館』で見た、日本の伝統工芸と真摯に向き合って、その価値を発掘して伝えていこうとするその姿と、どうつながっているのか・・・?
正直見えませんでした。

繰り返しになりましたが、展示作品は良いですよ。
でも、「目指すところはここなんだろうか?」という疑問が拭えず・・・
方向性はさておいても、著名人を集めるだけでなく、1+1>2 にしていく企画と言うか、コンセプトと言うか、そういうものが欲しかったと思います。
例えば、著名人とコラボさせることで、埋もれた無名の人を発掘してメジャーにするとか。

僕が中田氏の真意を汲み切れていないだけなのかもしれないし、僕の感覚や理解の方がズレているかのもしれないけど、敢えてホンネを吐露するとそんな感想です。

さて、今回から、美術展を単にレビューするだけでなく、星取り形式で評価してみたいと思います。

汐留パナソニックミュージアム
企画展:「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」

作品の質  ★★★☆☆
作 品 数  ★★☆☆☆
雰 囲 気  ★★★☆☆
演出&解説 ★★★☆☆
交  通  ★★★☆☆
入場料(CP) ★★☆☆☆

総  評  ★★★☆☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください