総合ランキングに初のSIMフリー端末「HUAWEI P9 lite」が登場

実は、僕も会社辞める前に、通信料を減らすために、SIMフリーの格安スマホに切り替えました。
まさに、ランキングに入っている「HUAWEI P9 lite」を買ったんですよね。

色々調べて、端末は別外にして、通信は別枠(BIGLOBEの1か月3GBの通話なしプラン)で契約しました。
端末は、最安で2万円台前半で入手できます。
なおかつ、通信料は月1000円ちょっと(!)。
ちなみに、電話はIP電話のアプリを入れています。
ちょっと手間はかかりましたが、契約期間の縛りがない方が良いし、トータルコストで安い方法を検討したら、そういう風になったんです。

多少の不都合はありますが、コストが格安なので、プランや端末を変える予定はないです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】HUAWEI(ファーウェイ) P9Liteブラック 「VNS-L22-BLACK」 Android 6.0・5.2型・メモリ/ストレージ:2GB/16GB NanoSIM×2 SIMフリースマートフォン (VNSL22BLACK)
価格:24549円(税込、送料無料) (2017/2/18時点)

さて、この「HUAWEI P9 lite」ですが、価格コムで評判を調べて、比較検討して買いました。
たしかに、値段の割には高機能でとても気に入っています。
これまでは、Galaxy⇒Xperiaと使ってきましたけど、全然遜色ないレベルです。

中国のメーカーなんで、「安かろう悪かろう」ではないか不安でしたが、「安かろう良かろう」なんですよね。
実際、驚きましたよ。
日本のメーカーはヤバいんじゃないかと思います。

余計なアプリもプレインストールされていなくて、使いやすいです。
でいて、基本的な機能はきっちりカバーしてくれています。

海外旅行に持って行ったんですが、自動でデュアルタイムに設定してくれるし、コンパスも懐中電灯も内臓されていて、しかも電池の持ちが結構良いのです。
値段は安いので、失くしたり壊したりしても、さほど惜しくはありません(!?)
旅行に持っていくには最適の端末だと思いました。

ただ、海外の格安スマホと言うことで、日本独自の仕様に対応できていないところがあるので、要注意です。
ワンセグとお財布ケータイには対応していません。
僕の場合は、ワンセグは見るとしても1年に1,2回です。
お財布ケータイは使いたいんですが、見開きのスマホカバーを買って、電子マネー付きのカードをはさんで代替しています。
これで問題はありません。

「HUAWEI P9 lite」は超オススメです!
ただし、上記の制約はご理解の上、ご購入下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください