6月半ばから、東電からlooopでんきに切り替えています。

変更後の電気代を報告します。

2016年7月分 1,942円(81kWh)
2016年8月分 3,607円(153kWh)
2016年9月分 3,592円(154kWh)

「9月分」と書かれていますが、使用期間は8月半ば~9月半ばです。
他の月も同様です。

ちなみに一人暮らしの平均的な電気代は下記だそうです。

【家にいる時間が長い人】
春・秋:3,000~4,000円
夏・冬:7,000~8,000円

【家にいる時間が短い人】
春・秋:2,000~3,000円
夏・冬:4,000~5,000円

僕の場合は後者に当たりますが、たしかに東電を使っていた頃は、上記に収まっていた感じです。

looopでんきに変えてから、下がっています。
月当たり1000円とまでは行きませんが、4ケタ目がひとつ下がっている感じはあります。

電力供給自体も支障はありません。
looopでんきは基本料金がないので、使用量が減ればそれだけ料金が下がる(はず)。
節電するにはいい会社ですね。

これ以上節電しても、金銭的な節約には限界がありますね。
エコ的な視点からは節電は良いと思いますが、お金の節約という意味では、別のところで削った方が効率は良いと思います。

一方で、電力会社を変えるというのは、一度事務手続きを取ればあとは何もしなくて良いので、オススメではあります。

1人暮らしの節電家庭でも電力自由化で電気料金が安くなった

電力自由化:シミュレーション通りに電力は下がるか?








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください