地下鉄

会社員の方の大半は、通勤用の定期券を作っていると思います。

でも、定期券って本当にお得なんでしょうか?
学生時代は学割がきいたので、明らかにお得だったんですが、会社員になって割引がなくなると、特にお得というわけではないようです。

それで、連休1週間休みだったので、定期代がもったいないと思い、定期券を更新せずに、ICカードで電車賃を決済していました。
僕の勤務先では、交通費は定額支給なので、得しても損しても、その分は自分に降りかかってくるんですよね。

昨日の朝、改めて定期券を更新しようと思ったのですが、対応している発券機に3人も並んでいました。
時間がかかって、電車が来てしまったので、諦めて、会社の近くの駅で、翌日からで登録しました。

僕と同じことをやっている人、意外に多いんですねぇ。

厳密に計算はしていませんが、連休と重なる場合、定期券でない方がお得なことが多いと思います。

あと、自宅から取引先に立ち寄ったり、取引先から直帰したりすることが多い(その分の交通費は会社から支給される)場合も、定期券を作らない方がお得なことも多いと思います。

一方で、自宅―会社の沿線上で途中下車することが多かったり、休日も同じ路線を活用することが多い場合は、定期券を作った方がお得だと思います。

なかなか細かい計算は大変ですし、イレギュラーなことも多いとは思いますが、必ずしも定期券を作る方がお得とは限らないことは、念頭に置いておいても良いと思います。
まあ、土日も祝日も休みなしで働いている人は、定期券をフル活用していただければよいかと思いますが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください