会社辞めてしまうと、ビジネス書を読む気が失せるわけですが・・・

それでも、「好きなことして金稼げる方法はないかなあ」なんて、都合の良いことを考えています。

それを実践できている稀有な方が、みうらじゅんだと思います。

YouTuberやアルファブロガーだって、クライアントや視聴者・読者がいて、収益を最大化させるためには、彼らに合わせてコンテンツをカスタマイズしたりしているので、完全に「好きなことして稼いでいる」といえるかどうかはちょっと疑問です。

そんな中で、みうらじゅんは本当に好きなことを仕事できていると思います。

そんなみうらさんが、1年ほど前に『「ない仕事」の作り方』という本を出されました。

につい

読んでみましたが、「うーん。なるほど!」という感じでした。

みうらじゅんの講演会(?)には行ったことあるし、彼が出るテレビ番組を観たり、著作を読んだりは過去にしてきたので、彼がこれまで何を考えてどういうことをやってきたのかは大まかには知っています。

本書は、そういう意味では新しいネタはないのですが、彼がやってきたことの裏側(どういう考えに戻づいて、どういう風に仕事にしてきたのか)について語られていて、その点はとても勉強になりましたよ。

みうら氏は「一人電通」を自称されているのですが、トレンドを仕掛けていくだけでなく、プロデュースや営業活動もする。
面白い発想だけで勝負してきた人ではないんですよね。

メディアとの関係をしっかり作って、営業活動もして、接待もして、アイデアを形にしている。
誰も気づかない面白いことにネーミングして、それを世の中にアピールしていく。
かなり戦略的だなと思いました。
たんなるぶっ飛んだおじさんではないんですよね。
ただ、戦略的と言っても、経営戦略論みたいな体系だったものではなく、みうら氏独自のセンスに負うものだと思います。

みうらじゅんのスライドショーに行ったとき、PCの操作にかなり苦戦されてました。
ITリテラシーは高くないようなのですが、かなり前からネット社会を予見するようなコンテンツをクリエートされてきた(って横文字多い)んですよね。
トレンドを追うのではなく、トレンドに先行していれば、小手先のテクニックは必要ないってことなんでしょうねえ。

僕も、会社を辞めると決めたから、みうらさんみたいに、「これ面白いんじゃないの?」と思ったことをネタ帳としてストックしてますが、すでに先行者がいたり、全然受けそうになかったり、深堀が足りなかったりします。
これから時間ができるので、自分が好きな領域で、どうやって「ない仕事を作るか」を考えたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください