海外旅行自体は楽しいんですが、日本にいるときと違って不都合も色々生じてしまいます。

最初の1週間は良かったんですが、2週目からお腹を壊してピーピー状態が続いています。
たぶん、トウガラシの影響だと思います。

すぐにトウガラシはじめ、刺激物は絶ったのですが、お腹の方はすぐには良くならず、「2019年8月末時点の金融資産 ~大幅に減少~

同月の売買記録は下記を。

2019年9月の売買報告と投資方針

” target=”_blank” rel=”noopener noreferrer” data-wplink-url-error=”true”>カレーは飲み物」風に表現すれば、「ウンコは液体」という状態が、延々と続いています。

急にお腹がゴロゴロしてくるので、安心して観光もしていられないし、体力消耗が激しいです。

海外で「和食が食べたい!」と思うことはあっても、実際は食べなくて全然平気なんですが、今回は「鍋焼きうどんが食いたいなあ」、「お粥が食いたいなあ」とか、そんなことばかり考えてしまっています。

メキシコについては、日本ではアメリカへの不法移民や麻薬取引の報道が目立ちますが、実際に来てみると、気候も良いし、人々も明るいし、食事もそこそこ美味しくて良いところです。

ただ、食文化がだいぶ違うし、日本人にとっては「水が合わない」というところがあるなあ・・・と思っています。

「いまはネットは世界のどこにいても繋がるから、日本に閉じこもる必要はない。世界の好きなところで仕事すればよい」なんてこと最近言われてますが、大半の人にとっては「やっぱり日本で仕事する方が良いな」という結論になっちゃいそうな気がします。

というのを、腹痛と下痢に苦しみながら、つくづく思ってしまったわけです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください