アイツタキ島も4泊目になりますが・・・
すでにやることなくなりました。
一周15キロ程度の島で、しかも市街地はごく一部なので、自然くらいしかエンターテインメントはありません。
海で泳いで、離島めぐりして、山登り(と言っても標高125メートル)して、という感じでやってきました。
ダイビングしようと思ったんですが、風向きが悪くて中止になりました。

「さあ、ゆっくりするぞ!」と気合い入れてから来たんです(気合い入れるようなことじゃないけど)が、すぐに退屈して手持ち無沙汰になってしまいます。
その退屈が贅沢とも言えるんでしょうが。

食事はハンバーガーとか、チキンとか、ジャンクフードみたいなものばかりだし、商店で売っている品ぞろえも少ないし、お店が閉まるのは早いし、日曜日は営業してないところ多いし・・・とリゾート地にしては不便です。
高級ホテルに泊まれば、ホテル側のサービスがあって違うかもしれないけど、そうじゃないですからね。

結局、退屈してしまうのは、「何かをやらなければ!」という使命感みたいなものがあるからでしょうね。
実際、昨夜は夢の中で仕事してました(笑)

何もしなくてもいい。
ダラダラ生きればいい。

そう思えば、楽しく日々を送れるし、不便さを感じることもないんじゃないかと思います。

要するに、まだ怠け者には成り切れてないってことなんですよね。

日本にいると「怠け者」という言葉は、批判的な意味を持ちます。
でも、怠け者になるには、何もしないことに耐え、そこに満足を見出すという、技術みたいなものが必要なんだなあ・・・と思います。
普通に日本に生きて、働いていたら、この技術はなかなか身に付きません。

早期リタイアを考えている人は、この辺は考えておいた方が良いテーマかと思いますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください