4月1日に下記の投稿をしました。

クック諸島移住というのはウソですが、クック諸島に来ているのは事実です。
1か月間仕事を休ませて貰って、ロングバケーションを取得中です。

なぜクック諸島を選んだのかというと、「ユナイテッド航空の特典航空券でお得な路線だから」というただそれだけの理由です。
ユナイテッド航空の特典航空券って、南太平洋路線がお得です。
すでにタヒチとパラオには特典航空券で行きました。
フィジー、ニューカレドニア、バヌアツ、トンガあたりも候補だったんですが、空席があったのがクック諸島だけなんですよね。
でも、南太平洋路線はなかなか予約が入らないことで有名なので、取れただけでも運が良かったんです。

さて、クック諸島のことを書く前に、経由地のオーストラリア(シドニー)、ニュージーランドについて書きましょう。
この2つの国は「自然豊かでのんびりした国」というイメージが強いです。

オーストラリアは日本人のアーリーリタイアの移住先候補になるくらい、良い場所のようです。
ただ、物価が凄く高くなっています。
ざっくり、日本の2倍くらいするイメージです。
シンガポールもそうですが、いつの間にか日本と逆転してしまったようです。

ニュージーランドは物価は日本と同じくらいかと思います。
空港から市内までのシャトルバスは無料WiFiが飛んでいて便利でしたね。

バスだけでなく、空港のチェックインカウンターや荷物預け入れは自動化が進んでいて、ほとんどスタッフがいないのには驚かされました。

海外に来るたびに思うんですが、日本はどんどん先進国から脱落してきているなあ・・・と。
厳密にいえば、いまでも先進国だとは思うんですが、日本が経済低迷している間に、他の国がドンドン発展してきていて、日本は優位性を失ってきていることを実感させられます。

給料も、もはや日本は高い国ではないですね。
一方で、物価は先進国の中では安いです。
しかも、商品は豊富で品質も良いし、色々と便利で暮らしやすい国ではあります。

日本が外国人の旅行先として人気が高いのも頷けますよ。
一方で、仕事をして稼ぐには、日本は必ずしも良い国ではなくなってますね。
給料は高くないし、労働時間は長いし、制約は多いし・・・

日本は現役層には厳しくて、リタイア層には良い国なんだろうなあ・・・なんて改めて思っちゃいましたね。


4件のコメント

  1. そーだ男

    やられた!今度は旅行でしたか。
    でも、クック諸島に移住より、クック諸島にふらっと旅行の方が素敵だな。

    返信
    • bucketlist

      そうなんです。たしかに、クック諸島は住むところじゃないと思いますね(何もなさすぎる)。

      返信
  2. 京一

    海外移住ではなくて、安心しました。これからもブログ更新を楽しみにしております。
    京一

    返信
    • bucketlist

      いつどこにいるのか良くわからない人生ですが、引き続きよろしくお願いします!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください