今回は旅行記ではないですが、韓国ネタです。

今回、大邱(テグ)を初めて訪問しました。

大邱01

日韓ワールドカップ、2011年の世界陸上が開催された影響もあるのか、地下鉄や公園などのインフラが凄く整っています。

大邱02

郊外には大きなビルも多数建っています。

大邱03

公共投資がかなり呼び込まれている様子ですねえ。

ただ、最近の韓国の政治も、経済もイマイチな感じです。
公共事業にお金を突っ込んだのは良いけど、経済はさほど活性化できていないし、政治の混乱で国民のモチベーションも下がっている・・・というところでしょうかねえ。

ベトナムに行ったとき、コリアンタウンがたくさんできていました。
モンゴルに行った時もそうですが、発展途上国で働く韓国人はたくさんいました。
進取の気風に富むのか、国内に希望が見いだせないのか知りませんけど、若い韓国人が結構海外に出ている様子です。

そういえば、池上彰が著書の中で「日本の若者が海外に出ないのは、ウォシュレットのせいだ」と冗談めかして書いていました。

たしかに、日本以外の国でウォシュレットはみたことありません。
トイレに限らず、日本は便利ですよ。

韓国も便利なのは便利ですけど、日本ほどではないですねえ。
衛生も日本よりは悪いし、食事は美味しいけど、軽く食べたいときに気軽に入れる店は少ないです。
お店のサービスも日本の方が優れてます(韓国の方が店員さんがフレンドリーで親しみやすいところはありますけどね)。

何より、海外は言葉や文化も違いますからねえ。

僕としては、日本の未来にはあまり希望がないと思っています。
その点は、韓国と似てます。
ただ、日本は便利だし、安心感がある国でもあるので、人々は海外に脱出したりはしないのでしょう。
もちろん、言葉の問題は大きいですが。

韓国人と日本人とどっちが幸せなんだろう??
と考えてしまいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください