東南アジアの旅も、終盤に差し掛かっています。

今回の旅で「どこが良かった?」と聞かれると、ホイアン(ベトナム)と答えますね。

アンコールワット(およびアンコール遺跡群)は壮大で別格に素晴らしいのですが、二度目の訪問になりますので、除外します。
そうなると、やっぱりホイアンがイチオシですね。

古くから貿易港が栄えたところで、日本人街、中国人街が作られ、異国情緒が溢れる地域です。
日本でいうと、長崎の出島みたいなものだと思ってもらえればよいかと思います。

さて、このホイアンなんですが、ランタンで有名です。
夜になると、旧市街にランタンが灯り、昼間とはまた趣が違う、ロマンチックで美しい街の風景が楽しめます。

通りにランタンが掛けられています。

imgp0238

ナイトマーケットにはランタン売り場が並びます。

imgp0214

飲食店やショップも、ランタンで飾られています。

imgp0167

さて、そうした中で、このホイアンのランタン祭りは特にオススメです。
「祭り」と言っても、毎月1回開催されているので、旅行者にとっても比較的行きやすいですよ。
日程は、「満月の日」と決まっていて、固定ではありませんので、事前にネットで調べておくことをオススメします。
だいたい、月の上旬になるようでずがね。

で、僕はこのランタン祭りに合わせるために、当初の予定と逆回りのルートを組みました。
もちろん、この日でなくても、街中にランタンは灯されるので、十分に楽しめます。

ただ、ランタン祭りの日は、いろいろなイベントが開催されていたり、灯篭流しがあったりして、美しさ、楽しさも一段と増します。
混雑度も増しますが・・・

灯篭流しの雰囲気は下記を参照ください。

imgp0227

imgp0225

海外旅行でお祭りの時期に合わせるのは難しいですが、ランタン祭りは比較的合わせやすいので、うまく休みに嵌るなら、ぜひ行ってみられることをオススメしますよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください