みなさま、GWを楽しまれてますか?

さて、旅の話が続きます。

反論を恐れずに書くと、本当の旅は1週間以上の旅だと思います。

社会人に入ってから、たった1度だけ10日間を超える旅をしたことがあります。
勤務先で部署異動が決まったのですが、事務手続きにミスがあり、1か月異動が遅れました。
上司の許可を得て、その間に2週間の有給休暇を取って海外旅行をしました。

旅行に出てから、1週間経つまでは日常を引きずっていました。
「あれをやるのを忘れていた」「日本に帰ったらあれをやらなきゃ」「同僚は今頃○○してるんだろうな」
そんなことが気になってました。

1週間を超えると、モードが切り替わり、旅が日常になってきました。
時間の流れもゆったりしてきて、本当に旅そのものを楽しめるようになった。会社にいる限り、こんな旅はもうできないだろうな・・・と思いました。

1週間の休みを貰って旅をしても、旅モードに頭が切り替わるころに、旅は終わってしまいます。

ヨーロッパ人は1か月くらい休みを取ってバカンスを楽しんでいるようですが、羨ましい限りですね。
日本で同じことをやれば、クビにまではならないにせよ、会社で肩身の狭い思いをしなければらないし、出世の道も閉ざされるでしょうね・・・
別に、仕事がイヤなわけではないし、真面目に仕事する気もあるのですが、圧倒的に自分の自由になる時間が少なく、やりたいことがやれないのがツラいです。

日本で1か月の有給休暇が取れ、定時とは言わないまでも会社にいる時間が1日10時間以下で済むのなら、「アーリーリタイアしたい!」なんて思わなかったかもしれません。

まあ、当分はそうならないでしょうから、リタイア生活へ向けて準備を進めるしかないでしょうね・・・

IMGP1293


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です