☆☆☆「沖縄移住で人生リセット!」のブログからの転載です。☆☆☆

昨以夜は、仕事仲間との飲み会でした。
僕外は、みんな沖縄出身者。

酔っぱらうと、みんなホンネが出てきます。
給料が安いとか、キャリアステップが見えなくて将来が不安だとか、そういう話が中心でした。
改めて、沖縄の労働環境の厳しさを目の当たりにして、ちょっと暗い気持ちになりました。

ここは楽園ではないということは、重々理解した上で来ています。
僕自身は恵まれた環境にあります。
沖縄の人たちは、地元を愛している人が多いんです。
でも、地元で満足に足るような、仕事と十分な収入が得られていないんですよね。
それは、端から見ていても、悲しいことです。

さて、那覇に来て1カ月以上経ちましたが、ほとんど観光ができていません。
引っ越し、移住にかかる諸手続き、仕事・・・
色々やることがあったし、何よりも、こっちの生活に慣れるのにイッパイイッパイだったんですよね。

さて、先週の日曜日が仕事だったので、その代わりに、29(月)は休むことにして、久米島に来ています。
友達からもらった、JALの株主優待が1枚余っていたのですが、有効期限が5月31日です。
東京や大阪行くなら、株主優待を使うよりも、LCCの方がむしろ安いです。
一方で、片道分しかないので、残りの片道の交通費がお高くなってしまのも考え物です。

片道は株主優待で行けて、片道はフェリーで行ける、久米島を選択することにしました。
久米島は昔から一度来たかった島でもあるんですよね。
なので、好都合です。

さて、僕の自宅は、フェリーターミナル(とまりん)まで徒歩10分という便利な場所にあります。
とまりん

前日、深夜まで飲んでいましたが、何とか8:30の出航には間に合いました。

那覇泊港からは、8:30、14:00の1日2便です。
所要時間は約3時間半。
運賃は片道3,390円です。

久米島・渡名喜島・那覇定期航路 | 久米商船株式会社

久米島フェリー

久米島便はないですけど、LCCで安い時期だと、このくらいのお値段で買えますから、必ずしも安い感じはしませんねえ・・・

それはさておき、東京に住んでいたら、朝イチの便で来ても、8:30の出航には間に合わないので、14:00の便で行くか、前泊しないとなりません。
沖縄在住ならではのメリットです。

途中で、渡名喜島(となきじま)というところに停泊します。
この島、何もなくて、観光開発が進んでいないみたいですね。
むしろ、こういう島の方が楽しいかもしれません。

渡名喜島

いまなら、週末に一泊二日の旅・・・
なんてのも、全然できてしまいますから、今度トライしてみたいところです。

久米島に到着した時は、すでに12:00を結構回ってました。

第一印象は、「広くて、平べったい(高低差が小さい)島」というイメージです。

ちなみに、港は島の西側にありますが、観光・リゾートエリアは東側にあります。

離島の公共交通機関って、不便極まりないのが普通です。
久米島の場合は、右回りと左回りの巡回バスが、それぞれ1時間1本くらいのペースで出ています。
どっち周りでも目的地の近くに行けるので、まあ不便とも言えないですね。

まずは、港近く(といっても1キロ以上あるけど)の食堂で昼食です。

<続く>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください