僕の友達が、毎年京都で花見を開催しています。

関西まで遠征するのは大変なんですが、予定が入っていない限り、小旅行も兼ねて行くようにしています。
今回は、沖縄移住前の準備で忙しい時期だったんですけど、逆に沖縄に行ってしまうと、気軽に参加できなくなりそうなので、挨拶も兼ねて参加しました。

で、場所は仁和寺です。

ここの桜は御室桜と言って、ソメイヨシノとは品種が違います。
なので、開花時期も一週間ほど遅いんですよね。

仁和寺は拝観料は無料(有料の場所もある)なんですが、桜の開花時期は500円の入場料が取られます。
でも、十分に行く価値はあります。

で、この仁和寺、シートを敷いて花見をしてもOKなんですよね。
にもかかわらず、それを知っている人が少ないのか、開花時期がずれている影響か、観光客は多くても、花見をしている人はさほど多くないです。

なので、突然行っても、全然場所が取れてしまいます。

今回も、12時前に先発隊が集合して、三々五々参加者が集まってくる感じでした。

入り口は、「満開」の表記が。

仁和寺御室桜01

門を入った時点で、すでに桜が拝めます。

仁和寺御室桜02

さらに門をくぐってしばらく歩くと、仁和寺のシンボル(?)の五重塔が目の前にあらわれます。
桜かどうかわからないのですが、前景は花が咲き乱れていて、撮影スポットになってます。

仁和寺御室桜03

御室桜を前景に五重塔を撮影。

仁和寺御室桜04

この辺の撮影スポット周辺は人も多いんですが、ちょっと外れると、人々がまばらにビニールシートを敷いて花見をしています。

世界遺産で桜の名所なのに、場所取りしなくても花見ができてしまうという不思議さ。

本州での花見もできた(今後いつできるかわからない)し、関西の友人にもしっかり挨拶もできたし、無理してでも行く価値はありました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください