一週間経ってしまいましたが、阿波あわおどりについて少し書いておきたいことがあるので、再び。

徳島に限らず、阿波おどりはだいぶ活性化している感じがあります。
積極的にPRしている情報発信の力もありますが、誰でも参加できるオープンな雰囲気が、現代に合っていると思いますね。

出演(?)している連も、色々なタイプがあって面白いです。

テニスサークルかしれませんが、テニスのラケットを持って踊っています。
1阿波踊り

こっちは正統派。
2阿波踊り

若いの人たちは、エネルギッシュで元気が良いです。
3阿波踊り

特に、ヤンキー連は、太鼓中心のスピード感ある囃子で、踊りも勢いがあって、きっちり練習しているので見応えあるんですよね。
一方で、有名連の人たちは「正調」と呼ばれる伝統的な演奏と踊りを守っているそうです。
上手いだけでは「有名連」としては認知されないみたいです(現地人談)。

誰でも受け入れつつ、伝統として守るべきところはきっちり守るというやり方が、時代を超えて受けいられているところかと思います。

エンタ-テインメントはどんどん進化していますから、伝統的なお祭りも、そのままの形では生き残れないと思いますね。

あと、ポスターにもアニメキャラが使われていたり。
阿波おどりポスター

賛否両論あるそうですが、少なくとも「アニメが流行っているからアニメキャラでも使っとくか」くらいの安直な感じでなく、しっかり作りこまれています。
過去にはヤフオクで10万円の値段が付いたポスターもあるそうです。
上のポスターのように、実写と複合にしたりという配慮も見られます。
一方で、右下の女性は巨乳ですが、問題なかったんでしょうか?(笑)

一方で、青森のねぶた祭りが不調だそうです。

萎縮する祭り 動員250万人「青森ねぶた」の異変

青森ねぶたは、数年前に行きましたが、芸術性も高いし、お祭りとしても素晴らしいし、日本が誇るべきお祭りだと思います。
しかし、阿波おどりのような寛容さはないし、運営側のゴタゴタもあるみたいですね・・・
「スターウォーズねぶた」についても、阿波おどりのように、通常のねぶたとは別扱いにして、時間やルートを変えて運行すれば良いのだと思います。
逆に、そっちの方が人気がでれば、正統派のねぶたも奮起するんじゃないでしょうか?

伝統やしがらみにとらわれ過ぎると、お祭りも衰退すると思います。

お祭りに行くと、運営側の視点から眺めてみると、また面白いと思います。

↓↓↓ 過去記事はこちら ↓↓↓

阿波踊りに出るために徳島に来る

阿波おどり観光にくるなら行っておきたい『阿波おどり前夜祭』

徳島駅前の『セルフうどん やま』は安くてウマいオススメうどん屋

阿波おどり にわか連に参加すべきか否か

徳島阿波おどり「にわか連」参加体験記

徳島阿波おどりは有料席を取るべきか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください