徳島あわおどりシリーズは続きます。

阿波踊りに出るために徳島に来る
阿波おどり観光にくるなら行っておきたい『阿波おどり前夜祭』
徳島駅前の『セルフうどん やま』は安くてウマいオススメうどん屋

同じアホなら踊らにゃそんそん!

と申しますが、やっぱり阿波おどりは参加することに意義がある。
(オリンピックか!?)

つまり、見るだけでは面白さは半分、あるいはそれ以下に過ぎないということです。

この時期は、皆さん開放的になるので、踊っている中にいきなり飛び込んでも、暖かく受け入れてもらえると思います(連によるかもしれないけど)。

でも、ちゃんと踊るなら、「にわか連」に参加すると良いと思います。
(詳細は下記を参照してください)

にわか連

参加だけであれば、無料です。
ハッピの貸し出しは有料です。
ちなみに、数が限定されており、毎年足りなくなると聞きました。

短時間で、さっと踊って後は鑑賞に回る・・・というには良いかと思います。

でも、もう少しちゃんと踊りたいのであれば、徳島市国際交流協会の連に参加するというやり方があります。
詳細は下記の通りです。

徳島市国際交流協会

にわか連1

こちらは有料で、参加費2000円です。
これとは別にハッピ代が2500円、返却すれば2000円が戻ってきます。
つまり、自己負担額は2500円となります。

こちらは、30分ほど練習してから、数カ所を3〜4時間ほどかけて回ります、
詳細は明日改めて書きたいと思いますが、

・軽食と飲み物が支給される
・外国人が多いので国際交流できる
・長時間踊れる
・有料会場2カ所で踊るので、テンションが上がる

にわか連2

というメリットがあります。

時間は長いですが、途中休憩時間もあるので、他の連の踊りを見ることもできます。
阿波おどりの観光期間が2日間以上ある方は、一日はこちらの連に参加してみると良いと思いますよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください